TOP > 技術シーズ検索 > 光通信システム,光送信機,光受信機および方法ならびにこれらで用いる光相関器

光通信システム,光送信機,光受信機および方法ならびにこれらで用いる光相関器

シーズコード S130012182
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 塙 雅典
技術名称 光通信システム,光送信機,光受信機および方法ならびにこれらで用いる光相関器
技術概要 この発明における複素直交符号は,第m行第n列の要素がexp(2πj(m-1)(n-1)/N)(jは虚数単位)であるN行N列の正方行列の各行を符号語とする複素直交符号である。光符号分割多重通信/光符号分割多元接続(OCDM/OCDMA)用光直交符号は,上記符号要素の偏角(位相)と対応したN個の光パルスの列で実現される。光送信機または光受信機は,光導波路内に一定間隔で直列に配置された複数のブラッグ・グレーティングを有する標本化ブラッグ・グレーティングを備えた光相関器を含み,この光相関器に上記符号語のいずれかが割当てられている。光送信機において,送信すべき光信号は上記光相関器でエンコードされる。光受信機において,受信光信号は上記光相関器でデコードされ,受信光信号をエンコードした符号語と当該光受信機に割当てられた符号語とが一致した場合にのみ高い自己相関出力が得られる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-519129.gif
研究分野
  • 光通信方式・機器
  • 光通信方式・機器
展開可能なシーズ 光処理による符号化/復号化に適し,相互相関値が低く抑えられる,OCDM/OCDMA用多値直交符号体系は現存していない。そこで、そえが実現できる直交符号を用いた光通信システム,光送信機,光受信機,光通信方法,光送信方法,光受信方法およびこれらで用いる光相関器を提供する。
この発明によると,光処理による符号化/復号化に適し相互相関値が低く抑えられるOCDM/OCDMA用複素直交符号を用いた通信システム,光送信機,光受信機,光相関器が実現できる。
用途利用分野 光通信システム、光送信機、光受信機、光相関器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人山梨大学, . 塙 雅典, . 光通信システム,光送信機,光受信機および方法ならびにこれらで用いる光相関器. . 2011-12-22
  • H04J  14/06     
  • H04J  14/04     
  • H04J  14/00     
  • H04J  13/18     
  • H04B   1/707    
  • G02F   1/01     

PAGE TOP