TOP > 技術シーズ検索 > 関節リウマチ関連マイクロRNA

関節リウマチ関連マイクロRNA

シーズコード S130012184
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 河野 誠司
  • 中町 祐司
技術名称 関節リウマチ関連マイクロRNA
技術概要 関節リウマチマーカーは、関節リウマチ特異的に発現の増減が認められる非コードRNAであり、特に発現抑制が認められるmi-RNA(miR-124a)は、CDK(cyclin-dependent kinase)2、CDK6およびMCP1(Monocyte Chemotactic Protein-1)のmRNAに直接作用する。さらに、miRNA(例えばmiR124a)を有効成分とするRA治療剤とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-518940.gif
研究分野
  • 遺伝子発現
  • 運動器系の疾患
展開可能なシーズ RA特異的に発現が増減しうるマーカーを提供する。さらに、RAの病因として、マーカーであるmiRNAが関与するかを確認し、関与するmiRNAを用いたRA検査方法および治療剤を提供する。
関節リウマチマーカーである非コードRNAは、細胞周期および炎症関連タンパク質の発現に関与することが確認された。この関節リウマチマーカーである非コードRNAの発現が抑制されることで、RA滑膜細胞に対してCDK2、CDK6およびMCP1が作用し、関節リウマチの病態に関連するものと考えられる。非コードRNAを構成するオリゴヌクレオチドは、CDK2、CDK6およびMCP1の発現を制御し、これらのタンパク質に起因するRA滑膜細胞の炎症および増殖を抑制し、関節リウマチ治療の有効成分として作用することができる。
用途利用分野 関節リウマチマーカー、関節リウマチの検査、関節リウマチ治療剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人神戸大学, . 河野 誠司, 中町 祐司, . 関節リウマチ関連マイクロRNA. . 2011-12-15
  • C12N  15/113    
  • C12Q   1/68     
  • A61K  31/7105   
  • A61P  19/02     
  • A61P  29/00     

PAGE TOP