TOP > 技術シーズ検索 > 過酸化水素の検出方法および装置

過酸化水素の検出方法および装置

シーズコード S130012213
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 平岡 賢三
技術名称 過酸化水素の検出方法および装置
技術概要 質量分析計20のイオンサンプリングオリフィス21(小さな孔を有する)に接近させて(たとえば数mmないし数cm程度離して),大気中に,バリヤー放電管10をその先端をオリフィスに対向させて配置する。バリヤー放電管10は誘電体(たとえばガラス)であり、内部に内側電極12が配置され接地されている。これらの電極10と12の間にバリヤー放電が生じる。他方,サンプル供給管(たとえばガラス製)30の内部に過酸化水素水で湿らせた綿(サンプルS)が置かれ,この供給管30にその基部からキャリアガス(たとばNガス)が供給される。酸素分子負O-イオンが過酸化水素Hと強い結合を形成し,酸素分子負イオンと過酸化水素のクラスタイオンO-(H)が生成する。このクラスタイオンはオリフィス21から質量分析計20内に導かれ,質量分析計20で検出される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-550572.GIF
研究分野
  • ガス化学工業
  • 大気の化学分析
展開可能なシーズ 過酸化水素を簡単な操作で高感度に検出できるようにする。
大気中の水蒸気等の存在に全く影響されずに,高感度で、選択的にHのみを検出できる。
用途利用分野 過酸化水素検出装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人山梨大学, . 平岡 賢三, . 過酸化水素の検出方法および装置. . 2012-08-16
  • G01N  27/68     

PAGE TOP