TOP > 技術シーズ検索 > 逆紐状ミセルから成るオイルゲル化剤および増粘ゲル状組成物

逆紐状ミセルから成るオイルゲル化剤および増粘ゲル状組成物

シーズコード S130012217
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 橋崎 要
  • 齋藤 好廣
  • 田口 博之
技術名称 逆紐状ミセルから成るオイルゲル化剤および増粘ゲル状組成物
技術概要 動植物油類、鉱物油類、炭化水素類、脂肪酸エステル類等のオイルを増粘又はゲル化して固化するオイルゲル化剤、および該オイル、オイルゲル化剤を含有する増粘ゲル状組成物に関する。レシチン/ショ糖脂肪酸エステルが各種オイルの逆紐状ミセルを形成するオイルゲル化剤として作用し、又これらレシチン/ショ糖脂肪酸エステル/各種オイルの3成分混合系を用いて、逆紐状ミセル構造を有する増粘ゲル状組成物を得ることができ、人体および環境に対して極めて安全で、かつ長期の安定性を有し、オイルゲル化剤として要求される性能を合わせ持つ良好なオイルゲル化剤、および該オイル化剤とオイル成分とを含み逆紐状ミセル(図1)を形成した増粘ゲル状組成物を簡単に提供することができる。使用するショ糖脂肪酸エステルの脂肪酸の種類を変えることにより幅広い親水親油バランスのタイプが得られ、各種化粧品、医薬品、食品、塗料、インク、潤滑油等のオイルゲル化剤として広く使用できる。又得られる増粘ゲル状組成物はチキソトロピー性を有し、液だれしにくくハンドリング性がよく、1年以上に亘る長期の安定性も備えるという効果を有している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-546593.gif
研究分野
  • 応用物理化学的操作・装置
  • 少糖類
  • 半固形製剤
展開可能なシーズ 逆紐状ミセルを形成するオイルゲル化剤および増粘ゲル状組成物を提供する。
生体や環境に対する高い安全性、優れた長期の安定性、好ましい使用感、および良好なゲル化能を併せ持つ。水溶性の成分・薬物や酵素等を内包できる。
用途利用分野 オイルゲル化剤、増粘ゲル状組成物、化粧料、医薬品、食品
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人日本大学, . 橋崎 要, 齋藤 好廣, 田口 博之, . 逆紐状ミセルから成るオイルゲル化剤および増粘ゲル状組成物. . 2012-07-05
  • C09K   3/00     
  • A23L   1/035    
  • A23L   1/05     
  • A23D   7/02     
  • A61K   8/02     
  • A61K   8/55     
  • A61K   8/60     
  • A61K   9/06     
  • A61K  47/24     
  • A61K  47/26     
  • A61Q  19/00     

PAGE TOP