TOP > 技術シーズ検索 > 糸状菌培養用培地

糸状菌培養用培地

シーズコード S130012218
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 春見 隆文
  • 荻原 淳
  • 小山 善幸
  • 松本 和
技術名称 糸状菌培養用培地
技術概要 窒素源として大豆由来の不溶性窒素成分を用いた糸状菌培養用培地を見出した。この糸状菌培養用培地で糸状菌を培養すると、イナワラ等の分解に有用なセルラーゼ、ヘミセルラーゼ等の酵素を効率的に糸状菌に産生させることが可能となる。さらに、Humicola属の糸状菌において、糸状菌がペレット化せず培養が行える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-010086.gif
研究分野
  • 微生物,組織・細胞培養による物質生産一般
展開可能なシーズ セルラーゼ、ヘミセルラーゼ等の酵素を効率的に産生できる糸状菌の培養条件を提供する。
提供される糸状菌培養用培地を用いることにより、セルラーゼ、ヘミセルラーゼ等の酵素を効率的に糸状菌に産生させることが可能となる。また、培養した糸状菌を用いることにより、イナワラ等のバイオマスを原料として、エタノール等を製造することが可能となる。
用途利用分野 糸状菌培養用培地
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人日本大学, . 春見 隆文, 荻原 淳, 小山 善幸, 松本 和, . 糸状菌培養用培地. 特開2012-147741. 2012-08-09
  • C12N   1/00     
  • C12N   9/42     
  • C12N   9/58     
  • C12N   9/14     

PAGE TOP