TOP > 技術シーズ検索 > 光送信装置、光受信装置、及び光通信システム

光送信装置、光受信装置、及び光通信システム

シーズコード S130012235
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 山里 敬也
  • 圓道 知博
  • 西本 早耶香
技術名称 光送信装置、光受信装置、及び光通信システム
技術概要 階層分割部30によって、複数種類の空間周波数成分が対応する複数の階層に分類された複数の送信データに対して、それぞれの階層に分類されたデータ毎に誤り訂正符号化部32によって誤り訂正符号化を行い,それぞれの階層に対応する誤り訂正符号化された送信データを重畳部34によって1つの信号に重畳することで階層的符号化を実現し、これをバイアス部36によってバイアスを加え、駆動信号生成部38によって各発光素子に対する輝度値データに変換することで、それぞれの送信データを前記複数の階層の各々に対応する空間周波数成分に分離されたパターンとみなし、各空間周波数成分が混在したパターンとして前記複数の発光素子を点灯させ,データ伝送を実現する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-025716.gif
研究分野
  • 光通信方式・機器
展開可能なシーズ 階層的符号化を用いた光通信システムは、送受信機間の距離が長い場合には高優先度データのみ、送受信間距離が短い場合には高優先度データに加えて低優先度データも受信できる。しかし、2次元高速ハールウェーブレット変換などの2次元直交変換に基づくため設計の自由度が低く、十分な誤り率が得られないという問題がある。このシステムの誤り率を向上させることを目的とする。
本発明によれば、各階層の送信データを重畳することで階層的符号化を実現し、また、他の階層の影響を受けないように低い空間周波数成分に割り当てられたデータから順に復調、誤り訂正復号を行うことで各空間周波数成分に対応する階層の送信データについて、他の空間周波数成分の影響を取り除くことができるため、階層的符号化を用いた光通信において、誤り率を向上させることができる。
用途利用分野 光通信システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人名古屋大学, . 山里 敬也, 圓道 知博, 西本 早耶香, . 光送信装置、光受信装置、及び光通信システム. 特開2012-165302. 2012-08-30
  • H04B  10/114    
  • H04L   1/00     

PAGE TOP