TOP > 技術シーズ検索 > 高硫酸化コンドロイチン硫酸類の合成方法、高硫酸化コンドロイチン硫酸類、および解析用試薬

高硫酸化コンドロイチン硫酸類の合成方法、高硫酸化コンドロイチン硫酸類、および解析用試薬

シーズコード S130012271
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 杉浦 信夫
技術名称 高硫酸化コンドロイチン硫酸類の合成方法、高硫酸化コンドロイチン硫酸類、および解析用試薬
技術概要 高硫酸化コンドロイチン硫酸類の合成方法は、先ず、コンドロイチンに、硫酸基転移酵素C4ST-1を作用させ、コンドロイチン硫酸のA構造を形成する。次に、A構造に、硫酸基転移酵素GalNAc4S-6STを作用させ、コンドロイチン硫酸のE構造を形成する。そして、E構造に、硫酸基転移酵素USTを作用させ、コンドロイチン硫酸のtriS構造を形成する。このようにして、triS構造などの高硫酸化構造を高頻度に有する高硫酸化コンドロイチン硫酸類を効率的に合成することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-018629.gif
研究分野
  • 多糖類
  • 糖質・糖鎖一般
展開可能なシーズ 従来の硫酸化方法では、求められる程度に高度に硫酸化したコンドロイチン硫酸を合成することは困難であった。そこで、高硫酸化コンドロイチン硫酸類の合成方法を提供する。
triS構造などの高硫酸化構造を高頻度に有する高硫酸化コンドロイチン硫酸類を効率的に合成することができる。
用途利用分野 高硫酸化コンドロイチン硫酸類の合成装置、高硫酸化コンドロイチン硫酸類、解析用試薬
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人 愛知医科大学, . 杉浦 信夫, . 高硫酸化コンドロイチン硫酸類の合成方法、高硫酸化コンドロイチン硫酸類、および解析用試薬. 特開2012-157271. 2012-08-23
  • C12P  19/26     
  • C08B  37/08     
  • A61K  49/00     
  • G01N  33/566    
  • G01N  33/536    

PAGE TOP