TOP > 技術シーズ検索 > ペットフードの製造装置及びペットフードの製造方法

ペットフードの製造装置及びペットフードの製造方法

シーズコード S130012277
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 岡本 芳晴
  • 田尻 雅之
技術名称 ペットフードの製造装置及びペットフードの製造方法
技術概要 従来のペットフード製造装置は、工場やペット関連ショップでペットフードを製造することが想定されているため、装置構成が大掛かりであり、各家庭に設置することは全く想定されていなかった。提案したペットフード製造装置は、ペットを飼っている各家庭に設置され、冷蔵庫内で1ヶ月ほど保存することが可能なペットフードを容易に製造することを想定しており、ペットフード原料を混練して得られる混練材料を投入する材料投入口1と、材料を押出口3から押し出す押出成形部5と、押出口から押し出された材料を所望長さに切断して材料粒を形成するカッター7とを備える。さらに、切断により落下した材料粒を受け止める位置に配置された収容器9と、収容器に設けられ材料粒を攪拌する攪拌部11と、攪拌部によって攪拌されている材料粒を加熱する加熱部13と、加熱後の材料粒を収容器内で乾燥する乾燥部19とを備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-024890.gif
研究分野
  • 愛玩用動物
  • 家庭電器
展開可能なシーズ 美味しくて健康によい食事をペットに対して手軽に与えることを可能にする、ペットフードの製造装置及び製造方法を提供する。
収容器内で材料粒を攪拌しながら、この材料粒に対して加熱処理を行い、その後に乾燥させている。この結果、事前の加熱処理が不要になる。また、小さな材料粒に対して加熱処理を行うので、表面と内部の温度差が小さくなり、均一な加熱が可能になる。さらに、収容器内で乾燥を行っているので、装置の小型化ができる。
用途利用分野 ペットフード製造装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人鳥取大学, 株式会社ビケイプ, . 岡本 芳晴, 田尻 雅之, . ペットフードの製造装置及びペットフードの製造方法. 特開2012-161291. 2012-08-30
  • A23N  17/00     
  • A23K   1/18     
  • A23K   1/10     

PAGE TOP