TOP > 技術シーズ検索 > 1塩基認識能を増幅する人工核酸コンジュゲート

1塩基認識能を増幅する人工核酸コンジュゲート

シーズコード S130012278
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 櫻井 敏彦
  • 奥野 貴士
技術名称 1塩基認識能を増幅する人工核酸コンジュゲート
技術概要 人工核酸コンジュゲートは、標的ポリヌクレオチド中の第一領域の配列と相補する配列からなる第一の一本鎖人工核酸と、標的ポリヌクレオチド中の第二領域の配列と相補する配列からなる第二の一本鎖人工核酸とを備える。さらに、第一の一本鎖人工核酸及び第二の一本鎖人工核酸の間に連結している親水性ポリマーを備える。このコンジュゲートは可溶性で酵素安定性であり、優れたTm値を有する。また、この人工核酸コンジュゲートを含有する、遺伝子発現調節剤、および遺伝子疾患治療薬が提供される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-027898.gif
研究分野
  • 遺伝子の構造と化学
展開可能なシーズ 可溶性で酵素的安定性であり、優れたTm値を有する人工核酸コンジュゲートを提供する。
第一の一本鎖人工核酸と第二の一本鎖人工核酸の間に親水性ポリマーを連結して人工核酸コンジュゲートが得られる。そして、このコンジュゲートは可溶性で酵素安定性であり、優れたTm値を有する。
用途利用分野 人工核酸コンジュゲート、遺伝子発現調節剤、遺伝子疾患治療薬
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人鳥取大学, . 櫻井 敏彦, 奥野 貴士, . 1塩基認識能を増幅する人工核酸コンジュゲート. 特開2012-165672. 2012-09-06
  • C12N  15/113    
  • A61K  48/00     
  • A61P   7/06     
  • A61K  31/7088   

PAGE TOP