TOP > 技術シーズ検索 > 球体の球径寸法測定方法及びその測定装置

球体の球径寸法測定方法及びその測定装置

シーズコード S130012314
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 辻 龍介
技術名称 球体の球径寸法測定方法及びその測定装置
技術概要 被測定球体1にコヒーレント光を照射することによって被測定球体1の影中の部分に生じる干渉縞と、輝点部で構成されるアラゴスポットの輝点部を用いて、アラゴスポットの輝点部の位置又は被測定球体1の球径に応じて変位するアラゴスポットの輝点部の移動量から、被測定球体1の球径を測定する。被測定球体1の球径は、幾何的手段、又は電気信号に変換されたアラゴスポットの輝点部の位置、又はアラゴスポットの輝点部の移動量を用いてあらかじめ測定して得られた、アラゴスポットの輝点部の移動量と球体1の球径との関係式から換算して求められる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-050094.GIF
研究分野
  • 干渉測定と干渉計
  • 長さ,面積,断面,体積,容積,角度の計測法・機器
展開可能なシーズ コヒーレント光を用いて、被測定球体の球径を高精度で、且つ簡便な方法で短時間に測定できる球体の球径寸法測定方法及びその測定装置を提供する。
コヒーレント光の照射によって被測定球体の影中の部分に生じるアラゴスポットの輝点部の位置、又はアラゴスポットの輝点部の移動量をミクロン以下の精度で測定して得た位置データ又は移動量データからそれぞれ球体の球径を求める方法であるために、鋼球等の球体の球径をミクロン以下の精度で計測することができ、測定精度に優れ、さらに測定時間の短縮化を図ることができる。したがって、製造ライン中や検査工程中に設置して、量産時における球体の球径寸法の測定を、高精度で、且つ連続的に行えるものとして最適であり、球径寸法の全数検査が短時間に行えるなど、鋼球等の球体の品質や生産性を大幅に高めることができる。
用途利用分野 球径寸法測定装置、ベアリング球径寸法測定装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人茨城大学, . 辻 龍介, . 球体の球径寸法測定方法及びその測定装置. 特開2012-185120. 2012-09-27
  • G01B  11/08     

PAGE TOP