TOP > 技術シーズ検索 > 高分子タンニンの高粘性溶液及びゲルの製造方法

高分子タンニンの高粘性溶液及びゲルの製造方法

シーズコード S130012359
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 松尾 友明
技術名称 高分子タンニンの高粘性溶液及びゲルの製造方法
技術概要 高分子タンニン水溶液を、特定の界面活性剤で処理することにより、高分子タンニン高粘性溶液が得られ、この高粘性溶液から界面活性剤を除去することにより、高分子タンニンゲルを得ることを特徴とする。高分子タンニン水溶液を、アルキルグリコシド系界面活性剤及びN-アシルアミノ酸系界面活性剤から選ばれる少なくとも1種の界面活性剤で処理する高分子タンニンの高粘性溶液又はゲルの製造方法、高分子タンニン高粘性溶液を有機溶媒又は水含有有機溶媒で処理する高分子タンニンゲルの製造方法、並びに該方法によって得られる高分子タンニンの高粘性溶液及びゲルである。高粘性溶液から界面活性剤を除去する方法としては、高粘性溶液を有機溶媒又は水含有有機溶媒で処理、好ましくは水含有有機溶媒を用いて透析する方法がある。高分子タンニンとは、植物の果実、葉、種子、樹皮、心材等から熱水やアルコール等で抽出されるポリフェノール重縮合体であり、渋みを呈し、多くのタンパク質と強く結合して沈殿を生じるものをいい、通常分子量は約2千~約100万であり、好ましくは分子量1万以上のものを用いる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-046507.gif
研究分野
  • 果実とその加工品
  • ピランの縮合誘導体
  • 洗浄剤
展開可能なシーズ 高分子タンニンの高粘性溶液及びゲルを製造する方法を提供する。
高価な試薬や過激な試薬を使わずに、短時間で無臭かつ無色透明な高分子タンニンの高粘性溶液及びゲルを製造することができる。
用途利用分野 高分子タンニン、塗料、染料、抗酸化性飼料、細菌・ウイルスの吸着除去フィルター
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 鹿児島大学, . 松尾 友明, . 高分子タンニンの高粘性溶液及びゲルの製造方法. 特開2012-184285. 2012-09-27
  • C08J   3/03     

PAGE TOP