TOP > 技術シーズ検索 > 二本鎖核酸の製造方法

二本鎖核酸の製造方法

シーズコード S130012361
掲載日 2013年6月10日
研究者
  • 沖 昌也
  • 内田 博之
  • 畑中 彬良
  • 舟越 稔
技術名称 二本鎖核酸の製造方法
技術概要 相同的組換えによって、染色体上の標的部位又は標的領域に、第一の目的ヌクレオチド配列、選択マーカー及び第二の目的ヌクレオチド配列を挿入する活性を有する二本鎖核酸の製造方法である。選択マーカー及び目的のヌクレオチド配列を含む1つの環状DNAを鋳型として、2種類のプライマーを用いてセンス鎖及びアンチセンス鎖を別々に合成する。そして、それらを混合し、二本鎖核酸を増幅する。このような、二本鎖核酸の製造方法、当方法に用いるキット、並びに当方法により二本鎖核酸を製造することを含む形質転換体の製造方法を提供する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-048342.GIF
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 核酸一般
展開可能なシーズ 染色体上の標的部位又は標的領域に目的とする配列のみが挿入された形質転換体を簡便に作製するための手段を提供する。
従来のような煩雑な操作を行なうことなく、染色体上の標的部位又は標的領域に、第一の目的ヌクレオチド配列、選択マーカー及び第二の目的ヌクレオチド配列を挿入する活性を有する二本鎖核酸を簡便に作製することができる。また、形質転換体の製造方法によれば、染色体上の所望の部位に目的のヌクレオチド配列のみが挿入された形質転換体を、簡便に作製することができる。
用途利用分野 二本鎖核酸の製造装置、二本鎖核酸製造用キット、二本鎖核酸を用いた形質転換体の製造装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人福井大学, . 沖 昌也, 内田 博之, 畑中 彬良, 舟越 稔, . 二本鎖核酸の製造方法. 特開2012-183024. 2012-09-27
  • C12N  15/09     

PAGE TOP