TOP > 技術シーズ検索 > ポリ(アリーレンスルフォニウム塩)化合物

ポリ(アリーレンスルフォニウム塩)化合物

シーズコード S990002469
掲載日 2000年12月28日
研究者
  • 土田 英俊
  • 山元 公寿
  • 宮武 健治
  • 遠藤 和久
研究者所属機関
  • 早稲田大学 理工学部応用化学科
  • 早稲田大学 理工学部応用化学科
  • 早稲田大学 理工学部応用化学科
  • 早稲田大学 理工学部応用化学科
研究機関
  • 早稲田大学 理工学部
技術名称 ポリ(アリーレンスルフォニウム塩)化合物
技術概要 この研究は、ポリ(アリーレンスルフォニウム塩)化合物に関するものであり、高分子電解質として、あるいは求電子性フッ化アルキル(またはアリール)化試薬や光照射により高い分解効率でプロトンを発生するのに、また高分子芳香族ポリチオエーテルの前駆体として有用な、溶媒可溶性の新しいポリ(アリーレンスルホニウム塩)化合物に関するものである。芳香族基とフッ化アルキル(またはアリール)スルホニウム基が交互に結合したポリ(アリーレンスルホニウム塩)化合物が、求電子性フッ素導入試薬として優れており、反応後容易に分離できることを見出しこの技術を完成させた。この研究成果のポリ(アリーレンスルホニウム塩)化合物は、高反応性のフッ素導入試薬であり、さらに光照射により高分解効率でプロトンを発生する。また、含フッ素有機残基の離脱により、高分子量ポリ(チオフェニレン)を生成する。
従来技術、競合技術の概要 従来より、有機フッ素化合物は、冷媒(フレオン)を始め高性能界面活性剤や表面処理剤、医薬、農薬、耐熱性高分子(テフロン)、フッ素ゴム、食塩電解用イオン交換膜(ナフィオン)、さらに人工血液のフルオロカーボンなど幅広い分野に利用されている。しかし、有機フッ素化合物は一部の例外を除いて天然界には全く存在しないため、有機化合物にいかにフッ素を導入するかが重要な課題である。
研究分野
  • 重縮合
  • 芳香族単環化合物一般
展開可能なシーズ (1)高分子電解質として、あるいは求電子性フッ化アルキル(またはアリール)化試薬や、光照射により高い分解効率でプロトンを発生するのに、また高分子芳香族ポリチオエーテルの前駆体として有用な、溶媒可溶性の新しいポリ(アリーレンスルホニウム塩)化合物。
用途利用分野 (1)高反応性のフッ素導入源
(2)光照射により高分解効率でプロトンを発生する化合物
研究の進捗状況 基礎研究
試供品・サンプルの提供可能性
関連発表論文 (1)Tsuchida,E.;Miyatake,K. Novel synthesis of polyarylenesulfonium cations through a multi-electron transfer processs,Chin.J.Polym.Sci.,Vol.16,1998,p.106-116. (2)Miyatake,K.;Yamamoto,K.;Endo,K.;Tsuchida,E. Superacidified reaction of sulfides and ester for the direct synthesis of sulfonium derivates, J. Org. Chem., Vol.63, 1998, p.7522-7524. (3)Haryono,A.;Miyatake,K.;Tsuchida,E. Synthesis and photochemical reaction of polyarylenenesulfonium salts, Marcomol. Chem. Phys. Vol.200, 1999, p.1257-1267.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 土田 英俊(早稲田大学理工学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 土田 英俊. 単一分子・原子レベルの反応制御 オキシジェニクス(高分子錯体). 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報,2000. p.309 - 314.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 土田 英俊, 山元 公寿, 宮武 健治, 遠藤 和久, . ポリ(アリーレンスルホニウム塩)化合物. 特開平10-182824. 1998-07-07
  • C08G  75/00     
  • C07C 381/12     

PAGE TOP