TOP > 技術シーズ検索 > 直線傾き計測具

直線傾き計測具

シーズコード S130012477
掲載日 2013年6月11日
研究者
  • 何森 仁
技術名称 直線傾き計測具
技術概要 直線傾き計測具1を、直交する2本の直線4,5と、この2本の直線の交点を中心αとする円6とを有する。さらに、円6と直線4との少なくとも一つの交点βから反時計回りに円6の周縁に沿って付された正の正接目盛10および時計回りに円6の周縁に沿って付された負の正接目盛11とが表示された透明の板状部材で構成される基板2と、この基板2に円の中心を回転中心として回動可能に取り付けられ、円の中心をよぎる直線が表示された透明の板状部材で構成される回動板3とで構成する。直線傾き計測具1を、円と、この円の中心をよぎる直線と、円と直線の少なくとも一方の交点から時計回りに円の周縁に沿って付された正の正接目盛、および反時計回りに円の周縁に沿って付された負の正接目盛とを透明の板状部材に表示して構成する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-123000.gif
研究分野
  • 長さ,面積,断面,体積,容積,角度の計測法・機器
展開可能なシーズ 面倒な演算を抜きにして直線の傾きを視覚的に即座に求めることができる直線傾き計測具を提供する。
演算過程を抜きにして直線の傾きを視覚的に即座に求めることができ、計算間違いによる誤計測を防ぐことが可能となる。また、簡単に直線の傾き及びその変化を求めることができるので、学習意欲も向上し、複雑な曲線に対する解析も容易となる。
用途利用分野 直線傾き計測具
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人神奈川大学, . 何森 仁, . 直線傾き計測具. 特開2011-192304. 2011-09-29
  • G06C   3/00     

PAGE TOP