TOP > 技術シーズ検索 > 銅ドープ酸化チタンの製造方法

銅ドープ酸化チタンの製造方法

シーズコード S130012484
掲載日 2013年6月11日
研究者
  • 錦織 広昌
  • 久保田 智志
  • 田中 伸明
  • 佐藤 隆史
技術名称 銅ドープ酸化チタンの製造方法
技術概要 銅ドープ酸化チタンの製造方法は、チタンアルコキシドに銅アルコキシドを加えて調製した溶液を還流処理する工程と、還流処理後の溶液に酸触媒を加えて、銅ドープ酸化チタンの前駆体となるゾル溶液を形成する工程と、ゾル溶液を加熱し、アルコキシドの加水分解と重縮合反応を進行させてゲルとするゲル化工程と、ゲルを蒸留水に浸漬させて加熱し、有機物を除去する水熱処理工程と、水熱処理を施したゲルを焼成し結晶化させて銅ドープ酸化チタンを形成する焼成工程とを備える。チタンアルコキシドとして、チタンテトライソプロポキシドを使用し、銅アルコキシドとして銅イソプロポキシドを使用することが好ましい。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-238260.gif
研究分野
  • 無機工業薬品,無機材料
展開可能なシーズ 銅ドープ酸化チタンは、酸化チタンの光吸収領域を可視光領域まで拡張し、電子-正孔の再結合を抑制して、光触媒作用の活性化を効果的に向上させるものとして知られている。そこで、酸化チタンに確実に銅をドープすることができ、優れた光触媒作用を備える銅ドープ酸化チタンを製造する方法を提供する。
従来のゾルゲル法の製造方法によって得られる銅ドープ酸化チタンに比べて光触媒作用に優れた銅ドープ酸化チタンを得ることができる。
用途利用分野 銅ドープ酸化チタン、光触媒
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人信州大学, . 錦織 広昌, 久保田 智志, 田中 伸明, 佐藤 隆史, . 銅ドープ酸化チタンの製造方法. 特開2012-111683. 2012-06-14
  • C01G  23/053    
  • B01J  35/02     
  • B01J  23/72     
  • B01J  37/10     
  • C01G  23/04     

PAGE TOP