TOP > 技術シーズ検索 > ヒドロゲル化剤

ヒドロゲル化剤

シーズコード S130012503
掲載日 2013年6月11日
研究者
  • 山中 正道
技術名称 ヒドロゲル化剤
技術概要 前記目的は、式I〔式中、RはH又はアルキル基を表し、XはO又はSを表し、Y、Y、及びYは、それぞれ独立に親水性基により置換されたアリール基を表す。Lは、単結合、O、メチレンオキシ基、アリーレンオキシ基、又は-[CH-(O)r1-Zs1-基を表し、Lは、単結合、O、メチレンオキシ基、アリーレンオキシ基、又は-[CH-(O)r2-Zs2-基を表し、Lは、単結合、O、メチレンオキシ基、アリーレンオキシ基、又は-[CH-(O)r3-Zs3-基を表す。Z、Z、及びZは、それぞれ独立に、アリーレン基を表し、r1、r2、及びr3は、それぞれ独立に、0又は1を表し、s1、s2、及びs3は、それぞれ独立に0又は1を表す〕で表される置換芳香族化合物、ヒドロゲル化剤及びヒドロゲル、水系試料のゲル化方法、及び特定化合物に対して相互作用を示す標的化合物を選別できるスクリーニング方法を用いることにより達成できる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-502762.gif
研究分野
  • 芳香族単環化合物一般
  • 顔料・塗料一般
  • 添加剤・配合薬品・副資材一般
展開可能なシーズ 近年、生体関連試料や環境試料のセンシングやスクリーニング等の技術への応用を狙ってヒドロゲルやヒドロゲル化剤の開発が検討されているが、明確な分子設計指針は確立されていない。本発明の目的は、新規化学構造を有し、水系試料に対し優れたゲル化活性を発現する置換芳香族化合物、前記置換芳香族化合物を含むヒドロゲル化剤及びヒドロゲル、及び水系試料のゲル化方法を提供することにある。また、前記置換芳香族化合物を用い、特定化合物に対して相互作用を示す標的化合物を簡単な方法により選別できるスクリーニング方法を提供することにある。
本発明によれば、従来にない化学構造を有し、水系試料に対し優れたゲル化活性を有する置換芳香族化合物、及び前記化合物を含むヒドロゲル化剤及びヒドロゲルを提供することができる。前記置換芳香族化合物を用い、水系試料を容易にゲル化できる水系試料のゲル化方法を提供することができる。特定化合物に対して相互作用を示す標的化合物を簡単な方法により選別できるスクリーニング方法を提供することができる。
用途利用分野 ヒドロゲル、ヒドロゲル化剤、塗料、樹脂
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人静岡大学, . 山中 正道, . ヒドロゲル化剤. . 2012-09-10
  • C07H  15/203    
  • C08G  65/26     
  • G01N  33/53     
  • G01N  33/566    

PAGE TOP