TOP > 技術シーズ検索 > フラーレン分散セラミックスの製造方法

フラーレン分散セラミックスの製造方法

シーズコード S022000297
掲載日 2003年5月26日
研究者
  • 宮沢 薫一
研究者所属機関
  • 東京大学 大学院工学系研究科・工学部材料学専攻
研究機関
  • 東京大学 大学院工学系研究科
技術名称 フラーレン分散セラミックスの製造方法
技術概要 金属イオンの水溶液に、界面活性剤とフラーレンを溶解させて得られるコロイド溶液(ゾル)をゲル化させた後、このゲルを熱処理することによりフラーレン分散セラミックス粉末を作製する方法。およびセラミックス中におけるフラーレンの分散が均一で、しかも、フラーレン以外の残留炭素が存在しないフラーレン分散セラミックスを作製する方法を開発した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S022000297_01SUM.gif S022000297_02SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 従来技術ではC60をセラミックスと複合させる方法はトルエンなどの有機溶媒にC60とセラミックスの前駆体を溶解させて得たコロイド溶液を乾燥焼成してC60-セラミックス複合粉末を得、この粉末をホットプレスしてC60-セラミックス複合体を作製している
研究分野
  • 炭素とその化合物
  • セラミック・磁器の性質
展開可能なシーズ (1)フラーレン分散セラミックス粉末の製造方法
(2)フラーレンが一様に分散したバルクセラミックス体の製造方法
用途利用分野 セラミックスナノ固体潤滑剤・潤滑性導電セラミックス
ナノポーラスフィルター
強誘電セラミックス・フラーレン分散体
関連発表論文 (1)宮沢薫一, 大林昭雄, 桑原誠. C60‐PZT複合化において見出された針状及びワイヤー状C60結晶の構造. 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集. vol.14th,2001,p.32.
(2)松田弘文, 安藤崇志, 宮沢薫一, 桑原誠. ゾルゲル合成したチタン酸バリウム微結晶ゲルおよびセラミックスの電子構造と物性. 日本セラミックス協会年会講演予稿集. vol.2001,2001,p.226.
(3)宮沢薫一, 矢野純也, 桑原誠. C60添加ジルコニアの微構造. 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集. vol.12th,1999,p.448.
(4)宮沢薫一, 矢野純也, 伊藤邦夫, 本間格, 赤石実. ミセル形成法によるC60分散ジルコニアの作製. 日本セラミックス協会年会講演予稿集. vol.1999,1999,p.556.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人東京大学, . 宮沢 薫一, 本間 格, 矢野 純也, 伊藤 邦夫, 葛巻 徹, . フラ―レン分散セラミックスの製造方法. 特開2000-264740. 2000-09-26
  • C04B 35/622     
  • B01J 13/00      
  • C01B 13/14      
  • C01B 31/02    101
  • C01G 25/02      
  • C04B 35/48      

PAGE TOP