TOP > 技術シーズ検索 > 植物ウイルスの感染に関与する宿主遺伝子及びポリペプチド

植物ウイルスの感染に関与する宿主遺伝子及びポリペプチド

シーズコード S022000393
掲載日 2003年5月26日
研究者
  • 古澤 巖
研究者所属機関
  • 京都大学 大学院農学研究科
研究機関
  • 京都大学 大学院農学研究科
技術名称 植物ウイルスの感染に関与する宿主遺伝子及びポリペプチド
技術概要 ウイルスが宿主植物に感染するためにはウイルス因子だけでなく宿主側の因子の存在が不可欠である。この宿主因子の改変により、ウイルス耐性を付与する可能性を検討した。ブロムモザイクウイルス外被タンパク質(BCP)と相互作用する宿主因子に注目し、オオムギの相補的DNAライブラリーのスクリーニングを、酵母ツーハイブリッドシステムを用いて行った。その結果、cDNAクローンとして取得することに成功し、これをHCP1と命名した。BCPのC末端付近にアミノ酸変異を導入し、HCP1との結合能を失ったBCP変異体を用いた実験により、BCPとHCP1との結合能とウイルス感染性が相関することを発見した。このHCP1の改変や発現制御によってウイルス抵抗性を付与できる可能性がある。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S022000393_01SUM.gif S022000393_02SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 遺伝子工学的な手法を用いて、ウイルスによる植物の病害を防止する技術として、ウイルスゲノムの一部を植物で発現させることにより、ウイルス耐性を付与する方法が実用化しつつある。しかし、利用にあたっては遺伝子組み換えによる新規ウイルス出現の可能性があることが問題となっていた。また、植物へのウイルス感染に関与する遺伝子の存在が示唆されているが、実際にそれらが単離同定された例はほとんどない。
研究分野
  • ウイルスによる植物病害
  • 遺伝子操作
  • ウイルス感染の生理と病原性
  • 異種生物間相互作用
展開可能なシーズ (1)ウイルスの感染に関与する宿主因子の制御によりウイルス抵抗性を付与する方法
用途利用分野 ウイルス抵抗性作物の育種
関連発表論文 (1)古沢巌. 植物の環境応答機構とバイオテクノロジー植物の生物ストレス応答の解析とその利用. 学術月報. vol.53,no.2,2000,p.148‐153.
(2)古沢巌. 植物ウィルスの宿主適応. Microbes Environ. vol.14,no.4,1999,p.263‐267.
(3)古沢巌. ブロムモザイクウイルスの分子生物学的研究. 日本植物病理学会報. vol.65,no.3,1999,p.236‐238.
(4)古沢巌. ブロムモザイクウイルスにおける増殖・移行の分子機構. ウイルス. vol.45,no.1,1995,p.73‐76.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人京都大学, . 古澤 巖, 冲中 泰, 三瀬 和之, . 植物ウイルスの感染に関与する宿主遺伝子及びポリペプチド. 特開2001-029080. 2001-02-06
  • C07K  14/415    
  • C12N  15/09     
  • A01H   5/00     
  • C12N   5/10     

PAGE TOP