TOP > 技術シーズ検索 > 減数分裂細胞に特異的な植物プロモーター

減数分裂細胞に特異的な植物プロモーター

シーズコード S022000400
掲載日 2003年5月26日
研究者
  • 平塚 和之
研究者所属機関
  • 奈良先端科学技術大学院大学
研究機関
  • 奈良先端科学技術大学院大学
技術名称 減数分裂細胞に特異的な植物プロモーター
技術概要 本発明は、高等植物の減数分裂細胞において特異的に発現するプロモーターを提供するものである。即ち、現在未発見、未開発の減数分裂期に減数分裂細胞でのみ特異的に転写活性化が起こるようなプロモーターを単離しそれを利用した外来遺伝子発現系を構築するものである。テッポウユリの花粉母細胞より、時期特異性、組織特異性を示すLIM遺伝子群の、上流に位置するプロモーターを採取した。その結果、ルシフェラーゼ活性測定による転写活性化の評価により、減数分裂期の葯において特異的に転写活性化をもたらす作用が示された。そのようなプロモーターにより、植物の生殖あるいは遺伝的組換えの人為的制御に活用可能な基盤技術を確立することが出来る。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S022000400_01SUM.gif S022000400_02SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 従来公表されている減数分裂に伴って発現する遺伝子のプロモーターとしては、ただ一例のみシロイヌナズナのAtDMC1遺伝子の報告があるが、その発現特異性は厳密でなく、根で非常に高い発現レベルを示し、分裂期の体細胞においても発現することが示されている。
研究分野
  • 細胞分裂・増殖
  • 遺伝子操作
展開可能なシーズ (1)植物の生殖あるいは遺伝子組換えも人為的制御に関連する基板技術
(2)巨大ゲノム生物からのプロモーター配列の単離方法
用途利用分野 減数分裂細胞及び花粉における外来蛋白質の発現
減数分裂細胞及び花粉における内在遺伝子の不活性化
不稔植物の作成
関連発表論文 (1)堀田康雄, 平塚和之, 高瀬尚文. 細胞核研究の最先端核の機能構造とダイナミックスII染色体の機能構造と動態減数分裂期染色体の構築にかかわる蛋白質の機能. 蛋白質 核酸 酵素. vol.44,no.12,1999,p.1741‐1748.
(2)高瀬尚文, 平塚和之, 堀田康雄. 植物遺伝子機能解析:遺伝子ターゲッティングに向けて3植物のDNA組換えシステム遺伝的組換えとその制御. 化学と生物. vol.34,no.10,1996,p.683‐691.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学, . 平塚 和之, 堀田 康雄, 高瀬 尚文, 皆見 政好, . 減数分裂細胞に特異的な植物プロモーター. 特開2000-316582. 2000-11-21
  • C12N  15/09     
  • A01H   5/00     
  • C12N   5/10     

PAGE TOP