TOP > 技術シーズ検索 > 植物プロトプラストによる非セルロース系カロース繊維体の産生方法とカロース繊維体

植物プロトプラストによる非セルロース系カロース繊維体の産生方法とカロース繊維体

シーズコード S032000121
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 近藤 哲男
研究者所属機関
  • 独立行政法人 森林総合研究所
研究機関
  • 森林総合研究所
技術名称 植物プロトプラストによる非セルロース系カロース繊維体の産生方法とカロース繊維体
技術概要 通常植物プロトプラストは、細胞壁、すなわち主としてセルロースを形成するが、この培養系に無機イオン(特にCa2+)を大過剰に加えると、通常の細胞分裂が極めて低く抑えられ、一方で、細胞壁の外に向かって巨大な非セルロース繊維を産生することを見出した。また、この産生された繊維は、これまで大きな繊維形成が知られていない、β-1,3-グルカン鎖として構成されているカロース繊維体である、との全く新しい知見を得た。これは、細胞が直接繊維体を産生するため、高いエネルギー消費を要する合成繊維の製造と比べてはるかに低エネルギー型生産システムであり、環境負荷が少ない。また、産生されたカロース繊維体は、β-1,3糖鎖からなるため、抗腫瘍性を示す可能性がある。したがって、産生された繊維は、薬用繊維としての利用の可能性を秘めている。
従来技術、競合技術の概要 カロース物質としての細胞の生産は知られているが、細胞からの直接の巨大カロース繊維体産出の報告はない。
研究分野
  • 材料学
  • パルプ原料とその調製
  • 植物の生化学
展開可能なシーズ (1)薬用繊維
(2)可食性繊維、フィルム、マイクロカプセル
用途利用分野 植物プロトプラストを用いる環境低負荷型繊維生産システムの構築
薬用繊維
研究制度
  • 研究領域「資源循環・エネルギーミニマム型システム技術」/科学技術振興事業団
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人森林総合研究所, 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 近藤 哲男, 馬越 淳, 安部 久, 笹本 浜子, . 植物プロトプラストによる非セルロース系カロース繊維体の産生方法とカロース繊維体. 特開2002-034586. 2002-02-05
  • C12P  19/04     
  • C08B  37/00     
  • C12N   5/04     
  • D01F   9/00     
  • C12R   1/91     

PAGE TOP