TOP > 技術シーズ検索 > 文字認識方法、文字認識プログラム、文字認識プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体及び文字認識装置

文字認識方法、文字認識プログラム、文字認識プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体及び文字認識装置

シーズコード S032000163
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 中川 正樹
研究者所属機関
  • 東京農工大学 工学部情報コミュニケーション工学科
研究機関
  • 東京農工大学 工学部情報コミュニケーション工学科
技術名称 文字認識方法、文字認識プログラム、文字認識プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体及び文字認識装置
技術概要 本発明は、オンライン方式で手書き入力された文字の認識に係る。本発明は対話型電子白板の実用化や表示一体化型タブレットの大型化、あるいは、高齢者などのための自由な文字入力の要求などに対応して、筆記枠を設けずに自由な方向に筆記された手書き文字列の認識を可能にする。文字の方向や行の方向が傾いたり、逆になったりしても、それらの任意の傾きを検出して認識してできる技術を開発した。
従来技術、競合技術の概要 現在までに発表されている枠なし文字認識の技術のほとんどが横書きのみの対応となっている。先に述べたとおり,記入/描画領域の拡大や円滑な文字列入力の必要性から,横書きや縦書き,斜め書きなどの自由筆記文字列の認識を考えることはごく自然なことであるが,そうした報告はまだなされていない。
研究分野
  • パターン認識
  • 人工知能
展開可能なシーズ (1)縦書きや横書き、文字の向き、行の向きなどの指定を必要としない文字入力法
(2)文字列を筆記中に筆記方向が変化しても(例えば、横書きから縦書き)、それらを正しく認識できる技術
用途利用分野 ペンコンピュータやペン付きのPDAでの文字入力
ペン付きの情報端末での文字入力
対話型電子白板での文字入力
関連発表論文 (1)きた代誠仁, 中川正樹. オンライン手書き日本語文字認識における構造化字体表現に対するプロトタイプ学習. 電子情報通信学会論文誌 D-2. Vol.J86-D-2,no.1,2003,p.1-11.
(2)松本馨, 中川正樹. オンライン手書き日本語文字認識のための大分類手法の改良. 電子情報通信学会技術研究報告. Vol.101,no.713(PRMU2001 272-300),2002,p.9-16.
(3)来代誠仁, 中川正樹. オンライン手書き文字認識における構造化字体表現に対する学習アルゴリズム. 電子情報通信学会技術研究報告. Vol.100,no.701(PRMU2000 201-221),2001,p.61-68.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 中川 正樹, 稲村 祐一, 福島 貴弘, . 文字認識方法、文字認識プログラム、文字認識プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体及び文字認識装置. 特開2002-175498. 2002-06-21
  • G06K   9/34     
  • G06K   9/20     
  • G06K   9/62     
( 2 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 中川 正樹, 坂東 宏和, . 文字認識方法、文字認識プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体及び文字認識装置. 特開2001-351065. 2001-12-21
  • G06K   9/03     
  • G06F   3/048    
  • G06F   3/041    
  • G06K   9/62     

PAGE TOP