TOP > 技術シーズ検索 > 工具経路算出方法およびその記録媒体

工具経路算出方法およびその記録媒体

シーズコード S032000385
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 乾 正知
研究者所属機関
  • 茨城大学 工学部システム工学科
研究機関
  • 茨城大学 工学部システム工学科
技術名称 工具経路算出方法およびその記録媒体
技術概要 本案は3軸NC加工の工具経路に関する提案であり、特に過剰な削り込み(ガウジ)を防ぎながらも高速に高精度な加工面を確保する方法およびその記録媒体の提案である。 従来はXY平面上のz軸(工具軸)に沿った直方体で外挿する方法やマーチングキューブ法と呼ばれる立方体内面に工具先端部位を仮想した参照面を想定する方法が採られてきたが不十分であった。そこで発明者は該立方体の外側に前記参照面を想定する逆オフセット法を提案するに至り、ガウジを完全に防止しその上NC加工では欠点とされるz軸方向での急峻な加工部位の表現や屈曲点等の急峻変動部位に対しても解決するに至った。即ち該XY面の他に、YZ面、ZX面も加えたり、3次元グラフィックス、隠面消去機能等を活用した本案技術思想による方法およびその記録媒体を採用する事で初めて加工面の高精度仕上げ面を保持しながらも加工時間の短縮に成功した。
研究分野
  • CAD,CAM
  • フライス加工
  • 研削
展開可能なシーズ (1)逆オフセット法と三次元グラフィックス表示装置を利用した処理法とを組み合わせた高速計算法
(2)三次元グラフィックス表示装置に標準で備えられている隠面消去機能を活用した高速処理法
(3)必要な範囲のみに多面体化処理を施す計算法
用途利用分野 NCフライス加工、研削
NC工作機械
金型製作
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 乾 正知, . 工具参照面計算方法、工具参照面計算プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体及び工具参照面計算装置. 特開2001-242919. 2001-09-07
  • G05B 19/4093    
  • B23Q  15/00     
  • G06F  17/50     

PAGE TOP