TOP > 技術シーズ検索 > 軟磁性金属ガラス合金

軟磁性金属ガラス合金

シーズコード S032001114
掲載日 2004年5月20日
研究者
  • 井上 明久
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団
研究機関
  • 科学技術振興事業団
技術名称 軟磁性金属ガラス合金
技術概要 本発明は、高飽和磁化を有するガラス形成能が高い軟磁性Fe-B-Si系金属ガラス合金の提供である。 過冷却液体領域 40C以上 換算ガラス化温度Tg/Tm≧0.56 飽和磁化≧1.4T
従来技術、競合技術の概要 従来の、非晶質形成能が低く、液体急冷法による薄帯状、粉末状、細線状しか得られていなく、金属塊は不可能で実用性に限界があった。
研究分野
  • 金属のランダム磁性
展開可能なシーズ (1)本発明の金属ガラスは、ガラス形成能に優れ臨界厚さ1.5mm以上の値を有し、銅鋳型鋳造法で金属ガラスが得られるので、優れた軟磁気特性、高い飽和磁化を有する大型の金属ガラス製品を提供できる製造法
用途利用分野 情報・通信材料
小型・高性能AV機器材料
高感度センサー材料
関連発表論文 (1)石原知, 張偉. Fe-Co-Nd-Dy-Bガラス合金粉末の放電プラズマ焼結法による固化材の作製と磁気特性. 日本金属学会講演概要. vol.132nd,2003,p.241.
(2)石原知, 張偉. Fe-Co-Nd-Dy-Bガラス合金粉末のホットプレス法による固化材の作製と磁気特性. 日本金属学会講演概要. vol.130th,2002,p.362.
(3)SHEN B, 木村久道, 井上明久, 大久保昭, 大森守. アモルファス・ナノ結晶制御と高機能材料 放電プラズマ焼結法によるFe-Co-Ga-P-C-Bガラス合金粉末のパルク化とその磁気特性. 粉体および粉末冶金. vol.48,no.9,2001,p.858-862.
(4)糸井貴臣, 河村能人, 井上明久. ガスアトマイズ法により作製した強磁性ガラス合金粉末の作製と軟磁気特性. 粉体粉末冶金協会講演概要集. vol.2000,2000,p.112.
研究制度
  • 井上過冷金属プロジェクト/科学技術振興事業団
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 井上 明久, . 軟磁性金属ガラス合金. 特開2003-253408. 2003-09-10
  • C22C  45/02     
  • H01F   1/14     

PAGE TOP