TOP > 技術シーズ検索 > 細胞膜上の分子反応観察のための新しい光学系

細胞膜上の分子反応観察のための新しい光学系 新技術説明会

シーズコード S040000033
掲載日 2006年8月18日
研究者
  • 佐甲 靖志
研究者所属機関
  • 大阪大学 大学院医学系研究科
研究機関
  • 大阪大学 大学院医学系研究科
技術名称 細胞膜上の分子反応観察のための新しい光学系 新技術説明会
技術概要 2本のレーザービームを独立に同時照射することにより、基板上の細胞の細胞膜全体で全反射蛍光観察を良好に行ない、1分子検出が可能な光学顕微鏡を開発した。
従来技術、競合技術の概要 従来の方法では細砲の背側の観察は困難であった。多くの細胞において腹側と背側の細胞膜の構成要素、機能とも異なっており、生理学的に重要な蛋白質分子が背側のみに発現している例も多い。
研究分野
  • 光学顕微鏡,望遠鏡
展開可能なシーズ (1)細胞全体での膜蛋白質の一分子イメージングを可能とする光学顕微鏡
(2)全ての膜内在性、および細胞内外から膜と相互作用する分子に応用可能な観察法
用途利用分野 単一細胞、単一分子レベルでのドラッグスクリー二ング法
単一細胞、単一分子レベルでの臨床診断
研究制度
  • 「タイムシグナルと制御」領域/科学技術振興機構

PAGE TOP