TOP > 技術シーズ検索 > 表面プラズモンポラリトンを利用して光を波長以下の微小領域に閉じ込めながら,光を低損失伝搬可能な微小サイズの導波構造の発明

表面プラズモンポラリトンを利用して光を波長以下の微小領域に閉じ込めながら,光を低損失伝搬可能な微小サイズの導波構造の発明

シーズコード S040000365
掲載日 2006年9月1日
研究者
  • 田中 嘉津夫
研究者所属機関
  • 岐阜大学 工学部
研究機関
  • 岐阜大学 工学部
技術名称 表面プラズモンポラリトンを利用して光を波長以下の微小領域に閉じ込めながら,光を低損失伝搬可能な微小サイズの導波構造の発明
技術概要 金属の表面プラズモンポラリトンを利用すれば、光を微小な領域に閉じ込め長い距離を伝搬させることが可能な導波構造があることを見出した。光ファイバと同様な現象であるが、光の広がりを光波長以下のナノメートルサイズにすることが可能で、また、数波長に渡って伝搬可能なことも確認した。原理はきわめて単純であり、広範囲の光回路に応用可能である。
従来技術、競合技術の概要 従来の誘電体を利用した光導波技術では、光の広がりを波長以下に押さえるのは極めて困難であった。本技術では、極めて容易に光を波長以下のナノメートルサイズの領域に閉じ込めることができる。
研究分野
  • 光集積回路,集積光学
  • 光導波路,光ファイバ,繊維光学
  • 光の散乱,回折,干渉
展開可能なシーズ (1)金属表面の表面プラズモンポラリトンを利用する方法
(2)ナノメーターサイズに光を閉じ込めながらの導波伝搬法
(3)導波構造が単純な極めて簡単な原理
用途利用分野 光集積回路
近接場光学
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人岐阜大学, . 田中 嘉津夫, 田中 雅宏, . 光導波装置. 特開2004-109965. 2004-04-08
  • G02B   6/00     
  • G01N  13/10     
  • G01N  13/14     
  • G11B   7/135    
  • H01L  21/027    

PAGE TOP