TOP > 技術シーズ検索 > ナノクリスタル構造体、ナノクリスタル構造体製法、非線形抵抗素子、および熱電変換素子

ナノクリスタル構造体、ナノクリスタル構造体製法、非線形抵抗素子、および熱電変換素子

シーズコード S040000463
掲載日 2006年9月1日
研究者
  • 森田 孟進
研究者所属機関
  • 琉球大学
研究機関
  • 琉球大学
技術名称 ナノクリスタル構造体、ナノクリスタル構造体製法、非線形抵抗素子、および熱電変換素子
技術概要 (1)2価をとりうる元素(X)-シリコン非晶質母体中に多数のXSi2結晶粒を均一に析出させ、析出させたXSi2結晶粒の少なくとも一部をパーコレーションさせ、さらに前記母体中にシリコン結晶を均一に分散させるのに十分な熱処理を施すことによって、熱電能またはパワーファクターを増加させ、さらに非線形抵抗特性を持たせることを特徴とした金属化合物。(2)前記2価を取りうる元素が3d遷移金属群、またアルカリ土類金属群から選択される少なくとも一つの金属を含む金属であり、析出する上記XSi2の平均粒径がナノメーターオーダーであり、これらを製造する熱処理は焼鈍であること。
従来技術、競合技術の概要 シリコンを母体とするナノクリスタルとしては製法がきわめて簡便であること。ナノクリスタル化により熱伝導を少なくでき、従来の熱電素子より高効率が得られること。過電圧保護素子として形態を小さくできること。
研究分野
  • 非晶質金属の構造
  • 電気的性質
展開可能なシーズ (1)非晶質を焼鈍する事により得られるナノクリスタルである技術
(2)ナノクリスタル化によりパワーファクターまたは熱電能が増加する技術
(3)電気抵抗が電流とともに減少する非線形伝導を示す方法
用途利用分野 シリコン母体のナノクリスタルの製法が簡便であること。
温度差発電、ペルティエ素子として実用化が可能である。
過電圧保護回路等等の素子として可能性があること。
関連発表論文 (1)矢ケ崎克馬, 仲間隆男, 内間清晴, 野津史耕, 木村久道, 井上明久. 非晶質素材の焼鈍による遷移金属ナノクリスタルの非線形輸送特性. 新素材設計開発施設共同利用研究報告書. vol.2003,2004,p.9-10.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 琉球大学, . 矢ヶ崎 克馬, 仲間 隆男, アレクサンダー トロフィモビッチ ブルコフ, . ナノクリスタル構造体、ナノクリスタル構造体製法、および非線形抵抗素子. 特開2003-251600. 2003-09-09
  • B82B   1/00     
  • B82B   3/00     
  • H01C   7/10     
  • H01L  35/14     
  • H01L  35/34     

PAGE TOP