TOP > 技術シーズ検索 > 周期的位相変調をキャリアとするディジタルデータの埋め込み・検出装置

周期的位相変調をキャリアとするディジタルデータの埋め込み・検出装置

シーズコード S040000470
掲載日 2006年9月1日
研究者
  • 鈴木 陽一
研究者所属機関
  • 東北大学 電気通信研究所
研究機関
  • 東北大学 電気通信研究所
技術名称 周期的位相変調をキャリアとするディジタルデータの埋め込み・検出装置
技術概要 音楽信号の位相を滑らかに周期的に変調しても人間には検知出来ない事を利用し、その周期的変調をキャリアとして更に符号変調を加えることで、ディジタルデータを音楽信号などへ埋め込み・検出する手法を提供する。符号変調にはPSKを採用し、トレリス符号およびビタビ復号を用いることで、シンボル誤り率を低減する。さらに、聴覚マスキングモデルに基づくキャリア周波数の高精度推定や、ステレオ信号を前提として位相変調により時間伸縮攻撃に対する耐性も高められた。
従来技術、競合技術の概要 スペクトル拡散法:透かし情報を、PN系列などを用いて周波数軸あるいは時間軸の広帯域に拡散することで、受聴者に知覚されないようにしてディジタルデータを埋め込む。 エコー法:原音と人工的に付加した単発エコーとの時間差を制御することで、透かし情報を埋め込む。
研究分野
  • データ保護
  • 符号理論
  • 音響信号処理
  • 音声処理
展開可能なシーズ (1)周期的位相変調をキャリアとして、PSKにより符号変調する方式
(2)聴覚マスキングモデルを利用することで、キャリア周波数を精度良く推定できる方法
(3)L-chとR-chのキャリア信号の位相差を用いることで実現した時間伸縮攻撃耐性
用途利用分野 ネットワーク音楽配信における著作権保護
レコード会社の販売する音楽メディアの不法コピー制御
購入者情報収集
関連発表論文 (1)高橋晃, 西村竜一, 鈴木陽一. トレリス符号を用いた周期的位相変調による音楽用電子透かしシステムの提案. 日本音響学会研究発表会講演論文集. vol.2003,2003,p.791-792.
(2)高橋晃, 西村竜一, 鈴木陽一. 周期的位相変調法を用いた透かし情報の多重化に関する検討. 電
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人東北大学, . 鈴木 陽一, 西村 竜一, 高橋 晃, . 電子透かしシステム、電子透かし埋込装置および電子透かし検出装置. 特開2004-279469. 2004-10-07
  • G10L  11/00     

PAGE TOP