TOP > 技術シーズ検索 > 河川映像に基づく水位の自動判別とデータ伝送に関する情報処理・通信システム

河川映像に基づく水位の自動判別とデータ伝送に関する情報処理・通信システム 新技術説明会

シーズコード S080000035
掲載日 2008年7月10日
研究者
  • 岩橋 政宏
研究者所属機関
  • 国立大学法人長岡技術科学大学 工学部 電気系
研究機関
  • 国立大学法人長岡技術科学大学
技術名称 河川映像に基づく水位の自動判別とデータ伝送に関する情報処理・通信システム 新技術説明会
技術概要 世界最先端の画像認識と圧縮技術を有機的に統合することで、小型で省電力なインテリジェント・ビデオセンサーを開発。低コストで気軽に設置できる電力自立型のセンサー・ネットワークを構築し、身近で日常的な防災活動を支援。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S080000035_01SUM.gif S080000035_02SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 ITSやロボットビジョンにおける映像認識とは異なり、映像による水位検出は先行技術が少ない。本技術は従来法に比べて、水位検出精度が安定していることに加え、時空間基底分解を活用した階層符号化により情報伝送量をも低減できる点で優れている。
研究分野
  • 図形・画像処理一般
  • 写真機とその付属品
  • 写真測量,空中写真
展開可能なシーズ ・河川の映像を遠隔から監視
・水の高さをリアルタイムで自動判別
・通信データ伝送量の削減も可能
用途利用分野 豪雨災害時の河川状況の把握
用水路の日常的な管理
水門開閉操作に対する判断情報の提供
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人長岡技術科学大学, . 岩橋 政宏, . 画像処理システム、画像処理方法、及びプログラム. 特開2008-072636. 2008-03-27
  • H04N   7/18     
  • G01F  23/28     
  • G06T   1/00     
  • G06T   7/00     

PAGE TOP