TOP > 技術シーズ検索 > インタネットサービス構築のためメタデータを活用した情報共有システム

インタネットサービス構築のためメタデータを活用した情報共有システム 新技術説明会

シーズコード S080000084
掲載日 2008年8月8日
研究者
  • 成田 雅彦
研究者所属機関
  • 産業技術大学院大学 産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻
研究機関
  • 産業技術大学院大学
技術名称 インタネットサービス構築のためメタデータを活用した情報共有システム 新技術説明会
技術概要 メッセージ交換・データ蓄積型のインタネットサービス構築技術である。多様なディバイスからデータを入力し、整理格納・検索ができる。予めキーワードとタグを関係づけておくことにより、データの入力時にキーワードを取出し、容易にメタデータを付与できる。また、これに基づき高速検索ができる。外部サービスとも連携可能である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S080000084_01SUM.gif S080000084_02SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 日付や人名などのメタデータを使用して知人ネットワークを作成するシステムや、カレンダーを作成するシステムは個々に開発されているが、本件は、各種サービスを開発・連携するためのメタデータを活用する汎用的なプラットフォームとして体系的に提供しているところが異なる。
研究分野
  • 検索技術
展開可能なシーズ ・様々なデバイスからのメッセージやデータを扱え、様々な形態で出力や外部との連携ができる
・データ蓄積時にメタデータの付加機能を持ち、これを用いてデータを整理・蓄積・検索を行なう
・本システムを用いてサービスを構築するAPIを提供
用途利用分野 PC/携帯/モニタシステムなどを連携したスケジュール管理
健康管理システム、タクシーは医者システム、コールセンタや障害問合せシステム
これらを構築するための汎用的なプラットフォーム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公立大学法人首都大学東京, . 成田 雅彦, 戸沢 義夫, 長尾 雄行, 小澤 雄治, 酒井 辰則, 中村 敦, 八木岡 熊熊, . タグ付与支援システム及びプログラム. 特開2009-069937. 2009-04-02
  • G06F  17/30     

PAGE TOP