TOP > 技術シーズ検索 > 電解エッチングにもとづくアルミニウム規則直行細孔の形成と機能化

電解エッチングにもとづくアルミニウム規則直行細孔の形成と機能化 新技術説明会

シーズコード S080000088
掲載日 2008年8月8日
研究者
  • 西尾 和之
研究者所属機関
  • 公立大学法人首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 環境調和・材料化学専攻
研究機関
  • 公立大学法人首都大学東京
技術名称 電解エッチングにもとづくアルミニウム規則直行細孔の形成と機能化 新技術説明会
技術概要 アルミニウムの電解エッチングによりトンネルピット配列を形成した後、陽極酸化処理により酸化アルミニウムの多孔質皮膜を成長させる。このとき、アルミニウムを消失させることにより、ピットの壁面に垂直に配向した、透明度の高い酸化アルミニウム多孔質膜体が得られる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S080000088_01SUM.gif S080000088_02SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 ミクロンサイズの高アスペクト比細孔配列を有するアルミニウムを効率良く酸化アルミニウムに変換し、光透過性の高い多孔質体とする技術は知られていなかった。
展開可能なシーズ ・酸性電解液中でのアルミニウム箔の効率的な陽極酸化
・低電圧でのアルミニウム箔の陽極酸化
・透明な多孔質の金属薄膜体の作製
用途利用分野 光触媒担体及び光機能材料
精密濾過フィルター
表示用備考 関連特許情報(特願2006-245075)

PAGE TOP