TOP > 技術シーズ検索 > 局所接触型マイクロ波加熱式インジェクタ-バイオ燃料の利用

局所接触型マイクロ波加熱式インジェクタ-バイオ燃料の利用 新技術説明会

シーズコード S080000105
掲載日 2008年9月5日
研究者
  • 榎本 啓士
研究者所属機関
  • 金沢大学 理工研究域 機械工学系
研究機関
  • 国立大学法人金沢大学
技術名称 局所接触型マイクロ波加熱式インジェクタ-バイオ燃料の利用 新技術説明会
技術概要 自動車用内燃機関を駆動するための燃料は、石油から精製される液体燃料になってから、様々に変化したが、その相転移過程にさらに積極的に干渉するため、マイクロ波を用いた新たな燃料噴射装置を提案する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S080000105_01SUM.gif S080000105_02SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 キャブレタあるいは電子制御式燃料噴射装置では、過渡特性に応答する上で限界があった。本案では、燃料への直接的熱量供給が可能である。これは今後普及すると考えられるバイオ燃料の利用で、大きなアドバンテージとなるであろう。
研究分野
  • ロケットエンジン
展開可能なシーズ 過渡特性改善が期待できる
用途利用分野 内燃機関用燃料噴射装置
高効率なバイオ燃料燃焼システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人金沢大学, . 榎本 啓士, . 固体燃料燃焼方法、固体燃料燃焼器およびそれを使用した固体燃料式エンジン. 特開2006-112293. 2006-04-27
  • F02K   9/08     
  • F02K   9/10     
  • F02K   9/72     

PAGE TOP