TOP > 技術シーズ検索 > 局所的3次元構造を有する2次元フォトニック結晶スラブ

局所的3次元構造を有する2次元フォトニック結晶スラブ

シーズコード S090000025
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 野田 進
  • 浅野 卓
  • 田中 良典
技術名称 局所的3次元構造を有する2次元フォトニック結晶スラブ
技術概要 本体11に、異屈折率領域である空孔12を三角格子状に周期的に配置する。2次元フォトニック結晶はこれらの本体11と空孔12から構成される。1つの空孔12の直上に屈折率部材13を配置する。このため、屈折率部材13を配置した位置が光共振器となる。そして、この光共振器から光が放射される際、屈折率部材13を配置した面の側に放射される光191の強度は、その反対側の面の側に放射される光192の強度よりも強くなる。なお、この2次元フォトニック結晶スラブは、このような形態に限定されない。例えば、異屈折率領域は本体11とは異なる材料の部材を埋め込むものでもよい。また、空孔12の配置は、三角格子状のものの他に、正方格子状のもの等でもよい。或いは、屈折率部材13を配置する位置は、先の空孔12の直上の他に、例えば三角格子における三角形の重心等でもよい。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000025_01SUM.gif
研究分野
  • 光デバイス一般
展開可能なシーズ 光の表裏放射比を制御することが可能であり、且つ通常よりも容易に作製することができる点状欠陥を有する2次元フォトニック結晶を提供する。
光の表裏放射比、放射方向、収束・拡がり等を制御でき、表裏放射比を制御し、光の取り出しを行う面からの放射強度を反対側の面からの放射強度よりも強くすることで、点欠陥からの光の取り出し効率が向上し、放射方向や収束・拡がり等を制御することで、点欠陥から取り出した光を光ファイバ等の結晶外部へ効率よく導入することができる。
用途利用分野 光分合波デバイス、光共振器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 科学技術振興機構, . 野田 進, 浅野 卓, 田中 良典, . 局所的3次元構造を有する2次元フォトニック結晶スラブ. 特開2004-191408. 2004-07-08
  • G02B   6/12     

PAGE TOP