TOP > 技術シーズ検索 > 新規リゾホスファチジン酸受容体

新規リゾホスファチジン酸受容体

シーズコード S090000068
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 清水 孝雄
  • 石井 聡
  • 野口 響子
技術名称 新規リゾホスファチジン酸受容体
技術概要 Gタンパク質共役型タンパク質p2y9が配列表の配列番号1に記載のアミノ酸配列を有するp2y9のリゾホスファチジン酸(LPA)受容体としての使用する。また、LPA受容体を用いて、受容体に対する作動物質又は拮抗物質をスクリーニングする方法である。LPAがGタンパク質共役型タンパク質p2y9のリガンドとして機能する。p2y9のアミノ酸配列は、LPA受容体として既存から知られているEDG-2、EDG-4、EDG-7、及びPSPS24とはほとんど相同性を有しておらず、既存のLPA受容体とは全く異なる新しいタイプのLPA受容体を見出したことになる。このp2y9としては、ヒト型のもの、マウス型のものなどp2y9として機能するものであればよい。
研究分野
  • 製剤一般
  • 蛋白質・ペプチド一般
展開可能なシーズ LPAの関与する様々な生理作用についての新しい医薬品や診断薬の開発に有効なスクリーニング手法を提供する。
p2y9がLPAの受容体であることから、LPAによって亢進又は抑制される各種の生理活性を、本発明のp2y9を用いてスクリーニングすることができる。
用途利用分野 作動物質、拮抗物質、医薬品、診断薬
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 清水 孝雄, 石井 聡, 野口 響子, . 新規リゾホスファチジン酸受容体. 特開2004-217577. 2004-08-05
  • G01N  33/15     
  • G01N  33/50     
  • G01N  33/566    
  • C07K  14/705    
  • C12N  15/09     

PAGE TOP