TOP > 技術シーズ検索 > 3次元接地圧力値計測機能を有する靴

3次元接地圧力値計測機能を有する靴 新技術説明会

シーズコード S090000085
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 矢野 健
  • 佐々木 祥弘
  • 丹羽 英二
  • 三寺 正雄
技術名称 3次元接地圧力値計測機能を有する靴 新技術説明会
技術概要 靴本体101の靴底102は、つま先部分の靴底102Aと踵部分の靴底102Bを有する。靴本体101のつま先部分の靴底102Aには、棒状スタッド104を持った3次元力センサ103が結合される。3次元力センサ103が計測する力は、棒状スタッド104の先端に加えられた力である。この棒状スタッド104は、靴本体101のつま先部分の靴底102Aより飛び出しており、靴が接地した場合には必ずこの棒状スタッド104の先端が接地するように構成される。ここで、3次元力センサ103の取付け方向は、靴の前後と左右が3次元力センサ103の検出する力方向と一致するように取り付けられる。3次元圧力センサ103からは、信号処理回路105に向かってリード線106が延びる。信号処理回路105は、ここでは靴の脇に配置されているが、小型化により、靴底102の目立たない部分に収納することも可能である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000085_01SUM.gif
研究分野
  • 生体計測
  • 力,仕事量,圧力,摩擦の計測法・機器
展開可能なシーズ 棒状スタッドを持った棒状スタッドを持った3次元力センサを靴底に配置し、棒状スタッドの他端を接地に供することにより、各々3次元の力成分を検出し、自然な歩行を妨げることなく姿勢の推定に必要な圧力情報を得ることができる3次元接地圧力値計測機能を有する靴を提供する。
接地される部分の形状は点とし、点の数は複数個を許容する。これらの各点に対して各々3次元の力成分を検出するため、自然な歩行を妨げることなく姿勢の推定に必要な圧力情報を得ることができる。
用途利用分野 3次元力センサ、人間型ロボット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 公益財団法人電磁材料研究所, . 矢野 健, 佐々木 祥弘, 丹羽 英二, 三寺 正雄, . 3次元接地圧力値計測機能を有する靴. 特開2004-239622. 2004-08-26
  • G01L   5/16     
  • A43B  13/00     
  • A43B  13/14     
  • A61H   1/02     
  • A61H   3/00     
  • G09B   9/00     

PAGE TOP