TOP > 技術シーズ検索 > 亜鉛ヒドロペルオキシド錯体、過炭酸亜鉛錯体、および前記各化合物の酸化剤としての利用

亜鉛ヒドロペルオキシド錯体、過炭酸亜鉛錯体、および前記各化合物の酸化剤としての利用

シーズコード S090000123
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 増田 秀樹
  • 実川 浩一郎
  • 和田 章
技術名称 亜鉛ヒドロペルオキシド錯体、過炭酸亜鉛錯体、および前記各化合物の酸化剤としての利用
技術概要 式で表される〔Zn(bnpa)(OOH)〕1-または〔Zn(Hbppa)(OOH)〕1-で表される亜鉛ヒドロペルオキシド錯体である。但し、bnpaはビス(6-ネオペンチルアミノ-2-ピリジルメチル)(2-ピリジルメチル)アミン、L1-は1価の正イオンと対をなす陰イオン、Hbppaはビス(6-ピバルアミド-2-ピリジルメチル)(2-ピリジルメチル)アミンである。この亜鉛ヒドロペルオキシド錯体は、トリポーダル(三脚型)ピリジルアミン配位子、bnpa、またはHbppaを用い、〔Zn(bnpa)(OH)〕1-または〔Zn(Hbppa)(OH)〕1-を合成し、これらをHと反応させることによりヒドロペルオキソ単核Zn(II)錯体を合成して得ることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000123_01SUM.gif
研究分野
  • 各種有機化合物の製造
  • 有機化学反応一般
展開可能なシーズ 安全な消毒剤、酸化漂白剤などとして有用である亜鉛ヒドロペルオキシド錯体を提供する。
亜鉛ヒドロペルオキシド錯体、これを用いて得られる過炭酸亜鉛錯体化合物、亜鉛ヒドロペルオキシド錯体および過炭酸亜鉛錯体化合物の酸化剤は薬剤としての有用性が確認され、工業的に優れた効果をもたらす。
用途利用分野 消毒剤、酸化漂白剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 増田 秀樹, 実川 浩一郎, 和田 章, . 亜鉛ヒドロペルオキシド錯体、過炭酸亜鉛錯体、および前記各化合物の酸化剤としての利用. 特開2004-256419. 2004-09-16
  • C07D 213/74     
  • C09K   3/00     
  • C11D   3/395    
  • C07F   3/06     

PAGE TOP