TOP > 技術シーズ検索 > バイタルサイン計測システム、バイタルサイン計測方法、バイタルサイン計測プログラム、及び記録媒体

バイタルサイン計測システム、バイタルサイン計測方法、バイタルサイン計測プログラム、及び記録媒体

シーズコード S090000241
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 相川 直幸
  • 薄井 英行
技術名称 バイタルサイン計測システム、バイタルサイン計測方法、バイタルサイン計測プログラム、及び記録媒体
技術概要 このバイタルサイン計測システムは、被験者1と、この被験者1の脳波(6チャネル)を測定するための脳波計2と、被験者1の血流(1チャネル)を測定する血流計3と、被験者1の心電(1チャネル)を測定する心電計4と、各チャネルの信号を纏めるコネクタ部5と、このコネクタ部5から出力された各信号(アナログ信号)6をデジタル信号に変換するA/D変換部7と、A/D変換部7により変換されたデジタル信号8を演算処理するパーソナルコンピュータPC9と、演算結果を表示する表示部10とを備えて構成される。尚、PC9は図示しない制御用のプログラムを格納するROMと、デジタル信号8をサンプリングしてそのデータを一時的に格納するRAMと、データを分析してFLVQによる演算処理を行う制御部等により構成され、全ての制御手順はROM内のプログラムにより処理される。また、表示部10は液晶、CRT、或いはプラズマディスプレイ等の表示装置であればどれでも構わない。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000241_01SUM.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
  • 生体計測
展開可能なシーズ 心電・血流・血圧・筋電等のバイタルサイン情報と、脳波計・脳磁界等の情報を複合して取得できるセンサデバイスを使用し、意思伝達の手段にはファジー学習ベクトル量子化法(FLVQ)を用いることにより、意思伝達の困難な対象者とのコミュニケーションを可能としたバイタルサイン計測システム及び計測方法を提供する。
被験者のバイタルサイン情報の変化を演算処理部により演算して分類整理するので、被験者の潜在的若しくは顕在的な心理変化を客観的に読み取ることができる。また、FLVQにより、類似度の差を強調するために、軸方向類似度の最小値を前記被験者の意思として認識するので、多くの次元から得た入力ファジーベクトルから1つの結論を導いてより正確な被験者の意思を認識することができる。
用途利用分野 バイタルサイン情報
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 有限会社ブリーズ, 株式会社EARTHSHIELD, . 相川 直幸, 薄井 英行, . バイタルサイン計測システム、バイタルサイン計測方法、バイタルサイン計測プログラム、及び記録媒体. 特開2004-337294. 2004-12-02
  • A61B   5/16     
  • A61B   5/00     
  • A61B   5/0452   
  • A61B   5/0402   
  • A61B   5/026    
  • G06N   3/00     

PAGE TOP