TOP > 技術シーズ検索 > パワーアシスト型移動台車

パワーアシスト型移動台車 新技術説明会

シーズコード S090000254
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 平田 泰久
  • 小菅 一弘
技術名称 パワーアシスト型移動台車 新技術説明会
技術概要 利用者Sを支持する支持部12Aと、車体と支持部12Aとの間に介装され、支持部12Aに作用する外力を検出する力覚センサを備える。制御手段は、力覚センサが検出した外力の大きさ及びその方向に基づき、駆動手段を制御し車体の移動方向及び移動速度を決定する。移動台車2の支持部12Aの上面にサポート部55を設け、利用者Sの胸の高さ近傍の腕置き56の前端には利用者の操作部となる操作桿57が固定されている。利用者Sは、腕置き56に腕を載せるとともにこの操作桿57を握って操作することにより、適宜にサポート部55に力を加えて、この力に基づいて移動台車2を運動させることができる。サポート部55は、支持部12Aを介して力覚センサと一体的に構成されているの、サポート部55全体が力の入力部になる。したがって、このようなシステムは、キャスタの取り付けられた台車のような力に対して受動的な機器と同様の安全性と直感的な操作性とを提供する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000254_01SUM.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
  • 生体代行装置
展開可能なシーズ 簡単な構成で操作性に優れ、しかも安全性の高いパワーアシスト型移動台車を提供する。
利用者が支持部に接触することに基づいて、(パワーアシスト型)移動台車の運動を制御することができるので、直感的で簡単、しかも安全な操作が可能となる。
用途利用分野 歩行支援機器、車椅子
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 平田 泰久, 小菅 一弘, . パワーアシスト型移動台車. 特開2004-344435. 2004-12-09
  • A61G   5/04     
  • A61G   3/00     

PAGE TOP