TOP > 技術シーズ検索 > 疎水性高分子固定化ブレンステッド酸触媒を用いた各種反応方法

疎水性高分子固定化ブレンステッド酸触媒を用いた各種反応方法

シーズコード S090000264
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 小林 修
  • 眞鍋 敬
技術名称 疎水性高分子固定化ブレンステッド酸触媒を用いた各種反応方法
技術概要 式で表される疎水性高分子固定化ブレンステッド酸触媒の存在下、水中で、RCOSR’で表されるチオエステル化合物を加水分解し、RCOOHで表されるカルボン酸とR’SHで表されるチオール化合物を得る。式中、黒丸は架橋度0.1~10%のジビニルベンゼン架橋ポリスチレンを表し、スルホン酸含有量は0.1~0.5mmol/gである。RおよびR’は、同一または別異に、それぞれ置換基を有していてもよい脂肪族炭化水素基、芳香族炭化水素基、ヘテロ環基からなる群より選択される有機基を示す。また、式で表される疎水性高分子固定化ブレンステッド酸触媒と、ROHで表されるアルコールの存在下、水中で、RSCORで表されるチオエステルを加熱処理し、RSRで表されるチオエーテルを得る。Rは、それぞれ置換基を有していてもよい脂肪族炭化水素基、芳香族炭化水素基、ヘテロ環基からなる群より選択される有機基を示す。RおよびRは、同一または別異に、それぞれ置換基を有していてもよい脂肪族炭化水素基、芳香族炭化水素基、ヘテロ環基からなる群より選択される有機基を示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000264_01SUM.gif
研究分野
  • 触媒
展開可能なシーズ 水中において、高収率でチオエステルの加水分解を行うための水中加水分解反応用触媒を用いた各種反応方法を提供する。
従来のブレンステッド酸触媒や界面活性剤型ブレンステッド酸触媒よりも高い触媒活性を示し、使用後の回収も容易であり、複数回の再利用後も高い触媒活性が維持される。
用途利用分野 チオエステルの加水分解
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 小林 修, 眞鍋 敬, . 疎水性高分子固定化ブレンステッド酸触媒を用いた各種反応方法. 特開2004-358301. 2004-12-24
  • B01J  31/06     
  • C07C  51/09     
  • C07C  53/126    
  • C07C  63/04     
  • C07C 319/08     
  • C07C 321/04     
  • C07C 321/20     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP