TOP > 技術シーズ検索 > 磁気分離装置

磁気分離装置

シーズコード S090000282
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 能 登 宏 七
  • 岡 徹 雄
  • 横 山 和 哉
技術名称 磁気分離装置
技術概要 この磁気分離装置100では、フィルタユニット20を挟んで同極に着磁された一対のバルク超電導体1が対向して配置される。フィルタユニット20は、被処理水が導入される導入口4aに接続された流通槽4と、流通槽4内部を仕切るように設けられた感磁性体からなる円筒或いは円柱状のフィルタ8と、フィルタ8の内部に導出口4bが開口された配管9とから構成される。フィルタユニット20は、配管5から導かれた被処理水が導入口4aから流通槽4に注入され、網状の空隙のあるフィルタ8中央の導出口4bから配管9へ流れるように構成される。バルク超電導体1は、真空容器2内に断熱収容されて、冷凍機に接続された冷凍機接続部材2a上に載置固定されて、超電導温度に冷却され、励磁された状態を保持するようにされている。この装置では、対向配置されたバルク超電導体1の磁力線は互いに反発し、水平方向には放射状に生成された強力な磁場によりフィルタ8の全周に高勾配の磁場分布を発生させる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000282_01SUM.gif
研究分野
  • 産業機械・機器
  • 固体の処理装置一般
  • 超伝導磁石
展開可能なシーズ バルク超電導体の磁極面の全周に対して浮遊固形物捕捉の磁場空間を形成し、広い空間で浮遊固形物を捕捉する磁気分離装置を提供する。
この装置では、磁極からの磁場を有効に利用することができるため、磁気分離の処理量を大幅に増加させることができる。
用途利用分野 磁気分離装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, アイシン精機株式会社, . 能 登 宏 七, 岡 徹 雄, 横 山 和 哉, . 磁気分離装置. 特開2005-007358. 2005-01-13
  • B03C   1/00     
  • B01D  39/14     
  • B01D  21/28     
  • B03C   1/025    
  • B03C   1/033    
  • B03C   1/032    
  • C02F   1/52     

PAGE TOP