TOP > 技術シーズ検索 > 有機電荷移動錯体のコヒーレントコントロールによる遠赤外光スイッチ

有機電荷移動錯体のコヒーレントコントロールによる遠赤外光スイッチ

シーズコード S090000396
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 岩井 伸一郎
  • 岡本 博
技術名称 有機電荷移動錯体のコヒーレントコントロールによる遠赤外光スイッチ
技術概要 振動数100cm-1よりも小さいエネルギー領域に分子間振動による共鳴吸収帯を有する交互積層型電荷移動錯体と、分子間振動の周期に対応する時間よりも短いパルス幅を有する近赤外~近紫外の波長を有するパルス光を間欠的に出射可能なパルス光出射部とを有する遠赤外光スイッチである。符号Xの状況では、遠赤外光出射装置18から出射された遠赤外光15は、試料層1を透過する。この際、遠赤外光15の透過率は、厚さを適当に調整することにより十分に高くすることができ、遠赤外光の減衰はあまり起こらずに、高い強度の光として検知される。符号Yの状況では、位相差Δtの2つの可視光のパルス光20対20a・20bを試料1に照射し、後方のパルス光20bに同期させて遠赤外光出射装置18から出射された遠赤外光15を試料1に照射する。この際、試料層1における遠赤外光15の透過率が低くなり、分子間振動の増幅に起因する遠赤外光の減衰が起こり、低い強度の光として検知される。符号Zの状況では、再び、試料層1における遠赤外光15の透過率は高いため、遠赤外光の減衰はあまり起こらずに、高い強度の光として検知される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000396_01SUM.gif
研究分野
  • 光伝送素子
  • 干渉測定と干渉計
展開可能なシーズ 遠赤外領域で動作する高感度の光スイッチイング装置を提供する。
遠赤外光の透過率に関する高感度のスイッチングを行うことができる。
用途利用分野 様々な物質の非破壊・非接触な内部検査
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 科学技術振興機構, 産業技術総合研究所, . 岩井 伸一郎, 岡本 博, . 有機電荷移動錯体のコヒーレントコントロールによる遠赤外光スイッチ. 特開2005-092147. 2005-04-07
  • G02F   1/361    
  • G01J   1/02     
  • G01J  11/00     

PAGE TOP