TOP > 技術シーズ検索 > 人間支援システム、人間支援方法及び人間支援プログラム

人間支援システム、人間支援方法及び人間支援プログラム

シーズコード S090000505
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 山口 亨
技術名称 人間支援システム、人間支援方法及び人間支援プログラム
技術概要 ネットワークシステムにおいて、歩行者1と車両2とがそれぞれ道路41及び42を矢印に示す方向に進行しており、交差点43にさしかかる状態を示している。交差点43には2台の交差点設置カメラ31、32が設置されており、取得画像は無線通信によりサーバ3に送信される。車両2には、表示部22と、制御部23と、車両搭載カメラ24とが搭載されている。また車両2の運転者の頭部には視野画像撮像カメラ21が固定され、運転者の視野画像を取得する。この視野画像と車両搭載カメラ24で撮像された車内カメラ画像とは、サーバ3に送信される。また制御部23は、車両2のモータやハンドル等から車両速度情報を算出しサーバ3に送信する。もちろん車両2自体が車両速度を算出している場合、この車両速度情報を単にサーバ3に送信してもよい。サーバ3は、カメラ31、32及び車両2から受信した各種データに基づき歩行者の存在や車両の存在を報知するための運転支援情報を生成して車両2に送信し表示部22に表示させる。また車両2の存在を示す歩行支援情報は歩行者1が携帯する携帯情報端末に送信され、その携帯情報端末の表示部に表示される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000505_01SUM.gif
研究分野
  • 自動車事故,交通安全
  • 図形・画像処理一般
  • 写真機とその付属品
展開可能なシーズ 歩行者の歩行や運転者の運転を支援する人間支援システム、人間支援方法及び人間支援プログラムを提供する。
この人間支援システムによれば、歩行者に車両の存在を知らせるための歩行支援情報を生成し、又は車両に歩行者の存在を知らせるための運転支援情報を生成する。特に情報技術から疎外され、その恩恵を十分に得られていないお年寄りや身体障害者等を対象とする。
用途利用分野 人間支援システム、携帯情報端末
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 科学技術振興機構, 公立大学法人首都大学東京, . 山口 亨, . 人間支援システム、人間支援方法及び人間支援プログラム. 特開2005-222153. 2005-08-18
  • G08G   1/16     
  • B60R   1/00     
  • G06T   1/00     
  • G06T   7/00     

PAGE TOP