TOP > 技術シーズ検索 > 三次元画像データの取得方法および三次元画像用撮像システム

三次元画像データの取得方法および三次元画像用撮像システム

シーズコード S090000630
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 高木 康博
技術名称 三次元画像データの取得方法および三次元画像用撮像システム
技術概要 光軸を相互に平行にされて直線上に配置した複数のレンズを介して被写体を撮像する三次元画像データの取得方法において、各レンズに対応させた撮像素子ユニットの中心を、レンズの光軸に対して被写体と反対側に離間させて撮像するようにする。この三次元画像用撮像システムである三次元カメラ50は複数のカメラ本体52(52a~52n)から構成される。これらのカメラ本体52(52a~52n)は、撮像手段となっていてレンズ54(54a~54n)と各レンズ54に対応した撮像素子ユニットであるCCDユニット56(56a~56n)とを有する。各CCDユニット56は多数のCCD素子をマトリックス状に配置して構成される。各カメラ本体52のレンズ54は、レンズ54の光軸22が相互に平行にされ、同一直線上に所定の中心間距離(ピッチ)pで等間隔に配置してある。各カメラ本体52では、水平方向の撮像(撮影)できる範囲である水平視域角φを、三次元ディスプレイの表示面(スクリーン)に対応した仮想スクリーン40の水平表示角度幅Φより小さくしてある。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000630_01SUM.gif
研究分野
  • 写真機とその付属品
  • 電荷移送デバイス
展開可能なシーズ 高精度な三次元画像を表示できるようにすると共に、撮像手段の数を削減できるようにする。
撮像手段の視域角を三次元画像を表示する表示面の表示角度範囲に相当する角度より小さくすることにより、補間によって得られた画像データの誤差を小さくすることができ、精度の高い三次元画像を表示でき、この結果、従来と同じ精度の三次元画像を表示するのに必要とする撮像手段の数を削減することができる。
用途利用分野 三次元画像用撮像システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 高木 康博, . 三次元画像データの取得方法および三次元画像用撮像システム. 特開2005-283779. 2005-10-13
  • G03B  35/08     
  • H04N   5/225    

PAGE TOP