TOP > 技術シーズ検索 > 電子透かし検出装置、それを内蔵する中継装置、及び、電子透かし検出方法

電子透かし検出装置、それを内蔵する中継装置、及び、電子透かし検出方法

シーズコード S090000750
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 井口 寧
  • 榊原 憲宏
技術名称 電子透かし検出装置、それを内蔵する中継装置、及び、電子透かし検出方法
技術概要 この電子透かし検出装置は、ネットワーク上でデータの送受信を中継する中継装置に、受信されたデジタルコンテンツデータに挿入される電子透かし中の識別子を検出する検出回路を備える。電子透かし検出装置S1は、ルータ等の中継装置に付属して使用されるものであり、中継装置に別体として接続されている。電子透かし検出装置S1には、電子透かし中の識別子を検出する検出回路1が設けられている。検出回路1は、識別子Aの検出回路1a、識別子Bの検出回路1b、識別子Cの検出回路1c、~、識別子Xの検出回路1xというように、電子透かし中の識別子A、B、C、~、Xごとに独立して設けられている。各検出回路1a~2xのいずれかにおいて識別子が一つでも検出されると、その検出結果を示す信号が電子透かし検出装置S1から出力され、中継装置に入力される。識別子としては、デジタルコンテンツデータを識別するためにユニークに付与された識別子(コンテンツID等)でも良いし、デジタルコンテンツデータを作成した作成者を識別する識別子(所有者IDやURL等)でも良い。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000750_01SUM.gif
研究分野
  • データ保護
  • 通信機器一般
展開可能なシーズ ネットワーク上で流通するデジタルコンテンツデータについて、著作権侵害や不正流出等の不正使用を未然に防止することが可能な電子透かし検出装置、及び、電子透かし検出方法を提供する。
電子透かし中の識別子を検出するため、ネットワークで送受信されるデジタルコンテンツデータの不正使用をリアルタイムに監視等することができる。ソフトウエアによらずに検出回路により行われるため、実時間検出が可能となり、中継装置におけるデジタルデータコンテンツの通過速度を比較的に阻害することがなく、通信速度に対する影響が少ない。
用途利用分野 デジタルコンテンツ、
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 井口 寧, 榊原 憲宏, . 電子透かし検出装置、それを内蔵する中継装置、及び、電子透かし検出方法. 特開2006-050380. 2006-02-16
  • H04N   1/387    
  • G06T   1/00     
  • H04N   1/00     

PAGE TOP