TOP > 技術シーズ検索 > 標本化関数発生装置およびデジタル-アナログ変換器

標本化関数発生装置およびデジタル-アナログ変換器

シーズコード S090000752
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 寅市 和男
  • 袁 浩
  • 中村 浩二
技術名称 標本化関数発生装置およびデジタル-アナログ変換器
技術概要 Bスプライン関数発生回路10は、標本間隔τよりも広い局所的な範囲に対応して0以外の信号レベルを有し、それ以外の範囲の信号レベルが0となる少なくとも1回以上の有限回微分可能な波形を有する信号を連続的に発生する。遅延回路12、14は、発生した信号を遅延させることにより、所定の遅延量に対応する複数の信号を生成する。増幅器16、17、18は、複数の信号の信号レベルを所定の利得で調整する。遅延時間設定部26は、遅延回路12、14による遅延量を可変に設定する。利得設定部28は、設定される遅延量に応じて増幅器16、17、18の各利得を設定する。加算回路20、22は、遅延回路12、14、および増幅器16、17、18を通して出力される複数の信号を合成して標本化関数波形として出力する。これにより、複数の信号波形をずらして合成することにより標本化関数波形を生成する際に、それぞれの信号波形をずらす量(遅延量)を可変することにより標本化関数波形の形状を変更することが可能になり、この標本化関数を用いてデータ補間等を行った場合の周波数特性を調整することが可能になる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000752_01SUM.gif
研究分野
  • 電子回路一般
  • 発振回路
  • AD・DA変換回路
展開可能なシーズ 周波数特性を調整することができる標本化関数発生装置およびデジタル-アナログ変換器を提供する。
フィルタ等の特別な付加構成を追加することなくデジタル-アナログ変換器の周波数特性を可変することが可能になる。
用途利用分野 音声データ、オーバーサンプリング処理、
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 寅市 和男, 袁 浩, 中村 浩二, . 標本化関数発生装置およびデジタル-アナログ変換器. 特開2006-050428. 2006-02-16
  • H03M   1/08     
  • H03M   1/66     

PAGE TOP