TOP > 技術シーズ検索 > 信号処理装置、方法およびプログラム

信号処理装置、方法およびプログラム

シーズコード S090000753
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 寅市 和男
  • 袁 浩
  • 中村 浩二
技術名称 信号処理装置、方法およびプログラム
技術概要 信号処理装置は、入力される離散データに基づいて離散データ間の値の補間処理を行うものであり、離散データ抽出部、標本化関数処理部20、畳み込み演算部、補間位置設定部、シフト量設定部を含んで構成されている。標本化関数処理部20の基本波形計算部22-1は、標本化関数に対応する標本間隔τよりも広い局所的な範囲が0以外の値に、それ以外の範囲で0となる少なくとも1回以上微分可能な基本波形について、着目点に対応する値を計算する。一方の補助波形計算部22-2は、基本波形の極性を反転させるとともに利得調整を行い、さらに基本波形の前側に所定のシフト量でシフトさせた第1の補助波形について、着目点に対応する値を計算する。他方の補助波形計算部22-3は、基本波形の極性を反転させるとともに利得調整を行い、さらに基本波形の後側に所定のシフト量でシフトさせた第2の補助波形について、着目点に対応する値を計算する。加算部22-4は、基本波形計算部22-1、補助波形計算部22-2、22-3のそれぞれによって計算された着目点に対応する値を加算する。シフト量設定部によるシフト量の可変設定が行われ、発生するひずみを低減する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000753_01SUM.gif
研究分野
  • 電子回路一般
  • 周波数変換回路
展開可能なシーズ 周波数特性を調整することができる信号処理装置、方法およびプログラムを提供する。
基本波形と補助波形を合成して標本化関数の値を計算する際に、これらの波形の相対的なシフト量をずらすことができるため、この標本化関数を用いてデータ補間等を行う際の周波数特性を調整することが可能になる。
用途利用分野 音楽、オーディオ装置、
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 寅市 和男, 袁 浩, 中村 浩二, . 信号処理装置、方法およびプログラム. 特開2006-050429. 2006-02-16
  • H03H  17/00     
  • H03H  17/02     
  • H03M   1/08     
  • H03M   1/66     

PAGE TOP