TOP > 技術シーズ検索 > シナプス成熟障害モデル動物

シナプス成熟障害モデル動物

シーズコード S090000768
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 白尾 智明
  • 児島 伸彦
  • 山崎 博幸
  • 関野 祐子
  • 花村 健次
技術名称 シナプス成熟障害モデル動物
技術概要 ドレブリン遺伝子のエクソン11Aを含む領域が欠失した変異遺伝子を有する全能性細胞を個体発生して得られる非ヒト哺乳動物及びその子孫動物であって、体細胞染色体中にドレブリン変異遺伝子を保有し、ドレブリンAを発現する機能を失ない、かつドレブリンAに代えてドレブリンEを発現する機能を有する非ヒト動物からなるシナプス成熟障害モデル動物である。マウス由来のドレブリン遺伝子を単離し、ドレブリンA特異的エクソン11Aを挟むようにloxP配列を挿入したターゲティングベクターを作製し、ES細胞への相同組み換えを行う。組み換えES細胞を個体に導入し、ES細胞由来の体細胞を高割合で有するキメラ個体を親として、組み換え遺伝子を有する子孫F1を得る。この個体F1とCre遺伝子を発現するマウスとを交配させることによって2つのloxP配列に挟まれたドレブリンA特異的エクソン11Aを欠失させた個体を得る。この雌雄を掛け合わせることによって得たドレブリンAノックアウトマウスが、シナプスの成熟のみが障害されその他のドレブリン関連機能が正常であるモデル動物となる。
研究分野
  • 遺伝子操作
  • 薬物の研究法
展開可能なシーズ シナプスの成熟のみが障害され、その他のドレブリン関連機能が正常であるモデル動物や、このモデル動物を用いたシナプス成熟障害の候補治療薬のスクリーニング方法を提供する。
シナプス成熟障害治療薬のスクリーニングや、シナプス成熟障害治療薬を特定する試験が可能となる。
用途利用分野 シナプス成熟障害治療薬
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 白尾 智明, 児島 伸彦, 山崎 博幸, 関野 祐子, 花村 健次, . シナプス成熟障害モデル動物. 特開2006-067944. 2006-03-16
  • A01K  67/027    
  • C12N  15/09     
  • G01N  33/15     
  • G01N  33/50     

PAGE TOP