TOP > 技術シーズ検索 > 金属ナノ粒子コンポジット膜の製造方法

金属ナノ粒子コンポジット膜の製造方法 新技術説明会

シーズコード S090000788
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 冨田 知志
  • 縄舟 秀美
  • 赤松 謙祐
技術名称 金属ナノ粒子コンポジット膜の製造方法 新技術説明会
技術概要 ポリイミド樹脂膜をアルカリ水溶液で処理してカルボキシル基を導入し、つぎに、金属イオン含有液と接触させて樹脂膜中に金属イオンをドープした後に、還元性ガス中で加熱還元処理することによって、ポリイミド樹脂膜中に金属ナノ粒子が分散した金属ナノ粒子コンポジット膜を製造し、する。この際、還元性ガス中での加熱還元処理によりポリイミド樹脂膜中に形成されたナノ粒子分散層の厚さを調整することによって、コンポジット膜中の金属ナノ粒子の体積充填率を制御する。還元性ガス中での加熱還元処理を行うにあたって、熱処理時間を制御することによってナノ粒子分散層の厚さを調整することができる。また、還元性ガス中で金属イオンの還元温度以上で熱処理を行ってポリイミド樹脂中に金属ナノ粒子が分散した層を形成させ、熱処理温度とは異なる温度で更に熱処理を行うことにより金属ナノ粒子分散層の厚さを調整することができる。
研究分野
  • 高分子材料一般
  • 製造工程とその装置
  • 薄膜一般
展開可能なシーズ 金属ナノ粒子コンポジット膜中の金属ナノ粒子の粒子径と体積充填率を独立に制御可能とする金属ナノ粒子コンポジット膜の製造方法を提供する。
所望の粒子径と体積充填率を有する金属ナノ粒子コンポジット膜を簡単に、効率良く製造することができ、ここで得られる強磁性金属ナノ粒子コンポジット膜はより室温近くまで強磁性を示す等、優れた特性を有するものであり、超高密度磁気記録媒体や、磁気共鳴を利用した磁気ノイズ吸収材等として、様々な産業分野に応用できる。
用途利用分野 ハードディスク、超高密度磁気記録媒体
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 冨田 知志, 縄舟 秀美, 赤松 謙祐, . 金属ナノ粒子コンポジット膜の製造方法. 特開2005-139438. 2005-06-02
  • C08J   7/00     
  • B82B   3/00     
  • G11B   5/714    
  • G11B   5/842    

PAGE TOP