TOP > 技術シーズ検索 > 分子マクロクラスターの形成方法と高分子薄膜の製造方法

分子マクロクラスターの形成方法と高分子薄膜の製造方法

シーズコード S090000863
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 栗原 和枝
  • 遠藤 聡
技術名称 分子マクロクラスターの形成方法と高分子薄膜の製造方法
技術概要 表面に水素結合性の官能基を持たない固体基板に水素結合性の官能基を持つ化合物を吸着させ、表面が水素結合性の官能基で覆われた分子膜を形成する。非水素結合性の溶媒と水素結合性の化合物との溶液を分子膜と接触させ、水素結合性の化合物が水素結合で組織化された分子マクロクラスターを形成させる。あるいは、分子膜を形成する際に、表面に水素結合性の官能基を持たない固体基板が金もしくは金薄膜表面を有する固体であって、その表面に吸着される水素結合性の官能基を持つ化合物が、式:HS-R-Xで表わされる1種以上のものである。式中、Rは炭化水素鎖を示し、Xは、-OH、-COOH、-CONH、-CONHR、-NH、-NHRを示し、Rは炭化水素基を示す。あるいは、分子マクロクラスター形成において、非水素結合性の溶媒は非極性溶媒または低極性溶媒であって、水素結合性の化合物は、アルコール、カルボン酸、カルボン酸アミド、アミンのうちの1種以上である。分子マクロクラスター形成での水素結合性の化合物は重合性のモノマーである。形成した分子マクロクラスターに重合性モノマーを重合反応させて高分子薄膜を生成させる。
研究分野
  • 薄膜成長技術・装置
  • 各種物理的手法
展開可能なシーズ シラノール基や水酸基を有する固体基板に限られることなく各種の基板上に分子マクロクラスターを簡便、かつ容易に形成することのできる方法を提供する。
水素結合性の分子が水素結合で組織化した分子マクロクラスターを基板表面に形成することができる。また、非水素結合性である溶媒と水素結合性の分子からなる混合溶液に水素結合性の官能基で覆われた表面を有する基板を浸漬して、重合により高分子膜を基板表面に固定化することができる。
用途利用分野 高分子薄膜、
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 栗原 和枝, 遠藤 聡, . 分子マクロクラスターの形成方法と高分子薄膜の製造方法. 特開2006-312148. 2006-11-16
  • B05D   7/24     
  • B82B   3/00     

PAGE TOP