TOP > 技術シーズ検索 > アコヤガイの閉殻力の測定方法およびそれを用いたアコヤガイの養殖管理方法

アコヤガイの閉殻力の測定方法およびそれを用いたアコヤガイの養殖管理方法

シーズコード S090000903
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 古丸 明
  • 冨永 ちひろ
  • 林 政博
技術名称 アコヤガイの閉殻力の測定方法およびそれを用いたアコヤガイの養殖管理方法
技術概要 このアコヤガイの閉殻力を測定方法では、開口器によりアコヤガイを閉殻筋が破損しない程度の一定の開口幅で開口させ、開口させる際に必要とした力を荷重計によい測定するようにする。この閉殻力測定装置は開口器1及び荷重計2から構成され、荷重計2はレバー3を下げることによって開口器1の柄4に荷重2を加えることができ、柄4に加えている荷重を測定することができる。開口器1は、柄4に荷重を加えることにより先端部5が開く構造となっている。この閉殻力測定装置を用いたアコヤガイの閉殻力を測定方法では、まず開口器1の先端部5を測定の対象のアコヤガイ6に挟み、荷重計2のレバー3を下げ、アコヤガイ6を一定の開口幅で開殻させ、それに要する荷重を測定する。なお、当該荷重が閉殻力を表し、閉殻力を数値化することが可能となる。また開口器1の支点7からアコヤガイ6と開口器1との接触部までの距離a、及び支点7から開口器1と荷重計2との接触部までの距離bを一定に保ち測定を行うことにより、正確な閉殻力を得ることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000903_01SUM.gif
研究分野
  • 魚類以外の水産動物
  • 水産増養殖一般
展開可能なシーズ 処理能力精度に優れたアコヤガイの閉殻力を測定方法及びそれを用いたアコヤガイの養殖管理方法を提供する。
このアコヤガイの測定方法は、操作が容易で処理能力が高く、精度も高い。またこの養殖管理方法は、閉殻力を基準としたアコヤガイの健康診断を可能にし、容易にアコヤガイの閉殻力による養殖管理を行うことができる。これは、健康に育成する可能性の高いアコヤガイを選別することにつながり、良質真珠生産につながり、へい死軽減によるコストを削減できる。
用途利用分野 真珠養殖現場、閉殻力測定装置、真珠
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, 三重県, . 古丸 明, 冨永 ちひろ, 林 政博, . アコヤガイの閉殻力の測定方法を用いたアコヤガイの養殖管理方法. 特開2007-135532. 2007-06-07
  • A01K  61/00     

PAGE TOP