TOP > 技術シーズ検索 > ネマチック液晶を用いた液晶表示素子

ネマチック液晶を用いた液晶表示素子

シーズコード S090000918
掲載日 2009年9月14日
研究者
  • 米谷 慎
  • 横山 浩
技術名称 ネマチック液晶を用いた液晶表示素子
技術概要 配向層の液晶配向規制処理が、基板表面上の配向層LA1に化学反応を与え得る光を直線偏光光として照射する処理であり、この配向層LA1が、複数回の直線偏光光照射に対して、その液晶配向規制方向が、最後に照射された直線偏光光の偏光方向に対応した液晶配向規制方向LAL1A,LAL1Bとなる光反応性材料からなる。このように、用いた配向膜材料の、複数回の光照射に対する液晶配向規制方向のリセット(書き換え)機能を用いることで、配向パターンを形成するマスクを介した照射が1度で済むため、マスクを介した照射を2回行う場合に問題となる1回目と2回目とのマスクの位置合わせの問題を解決できる。なお、これらのパターン形状や照射光強度はあくまで一つの例であり、用いる感光性材料や、液晶材料の特性などに合わせて調整する。チェッカーボードパターンのマス目方向や、各マス目内における局所的な配向規制方向LAL1A,LAL1Bは、座標系で表すとそれぞれx軸、y軸と略45度の角をなす方向に設定される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090000918_01SUM.gif
研究分野
  • ネマチック相
展開可能なシーズ 簡便に作製できる、メモリー性と広視野角表示特性を両立した高精細、広視野角かつ低消費電力のネマチック液晶を用いた液晶表示素子を提供する。
ネマチック液晶を用いた液晶表示素子において、メモリー特性による低消費電力と広視野角表示を両立させた液晶表示素子をより簡便に作製することができる。
用途利用分野 携帯電話、携帯情報端末
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 米谷 慎, 横山 浩, . ネマチック液晶を用いた液晶表示素子. 特開2007-193085. 2007-08-02
  • G02F   1/1337   
  • G02F   1/139    
  • G02F   1/1343   

PAGE TOP